クラシックSTATS鑑賞

NPB選手のキャリアSTATSを鑑賞するサイトです。「野球の記録で話したい」の姉妹サイトであります。ともどもご愛顧を。

投手

1977年安田猛、全登板成績【チーム初の2位に自己最多の17勝】





tabatomoたばともデータ


リクエストにお応えします。
これまでの最多となる17勝を上げ、球団創立初の2位となったチームに貢献した1977年安田猛の全登板成績を見てみます。続きを読む

続・ロッテはどのくらい打てないの?







tabatomoたばともデータ


前回1957年大映ユニオンズと2017年千葉ロッテマリーンズの打率を比較しましたが、今回同じような低打率チームを3チーム加えて、項目を絞って見てみます。
※5/24 43試合終了時点まで更新続きを読む

ロッテはどのくらい打てないの?






tabatomoたばともデータ


千葉ロッテマリーンズが36試合終了時点でチーム打率が.188とかなり低い打率となっています。
今回は、同じく36試合終了時点で.185の打率だった1957年の大映ユニオンズと比較してみたいと思います。
※こちらは38試合終了時点まで更新しています。39試合以降は続・ロッテはどのくらい打てないの?をご覧ください。続きを読む

1961年西尾慈高、全登板成績【トレードで中日へ、前半戦奮闘】





tabatomoたばともデータ

2017年5月5日に西尾慈高氏が亡くなられました。ご冥福をお祈りします。

阪神では西尾と一塁手の星山晋徳、中日では左腕の伊奈努、内野手の横地由松との間で交換トレードが成立。中日では、新人権藤博が大活躍する中、前半戦6連勝するなどチーム2位への躍進に貢献した1961年西尾慈高の全登板成績を見てみます。続きを読む

1958年西尾慈高、全登板成績【虎のサウスポー、初の2ケタ勝利】





tabatomoたばともデータ

2017年5月5日に西尾慈高氏が亡くなられました。ご冥福をお祈りします。

前年わずか1勝からこの年は先発陣入りし、リリーフでの勝ち星を合わせて初の2ケタ勝利となる11勝を記録。チームでは貴重な左腕として重宝された1958年西尾慈高の全登板成績を見てみます。続きを読む

1965年城之内邦雄、全登板成績【3年ぶりの20勝到達、4試合連続完封勝利】





tabatomoたばともデータ


巨人・菅野智之投手が4試合連続完封勝利なるかどうか注目されています。チームではこの年の城之内投手以来という事で、チーム最多となる21勝を上げ2年ぶりとなるリーグ優勝・日本一に貢献した1965年城之内邦雄の全登板成績を見てみます。続きを読む

1974年城之内邦雄、全登板成績【3年ぶりの一軍登板&引退年】





tabatomoたばともデータ

2015年3月22日に取り上げましたのを加筆して再び上げています。

リクエストにお応えします。
カネやんロッテ2年目の年に復活登板。わずか5試合の登板だったが、打者に背を向けて投げ込むサイドスローを再び見せた、1974年城之内邦雄の全登板成績を見てみます。続きを読む

1966年城之内邦雄、全登板成績【通算100勝目をシーズン20勝目で決める】





tabatomoたばともデータ

2016年7月6日に取り上げましたのを加筆して再び上げています。

この年も”エースのジョー”は健在で、9月6日大洋戦で通算100勝目を3度目のシーズン20勝到達の日に決めた1966年城之内邦雄の全登板成績を見てみます。続きを読む

1962年城之内邦雄、全登板成績【新人ながら開幕投手&新人王】




tabatomoたばともデータ

2015年3月21日に取り上げましたのを加筆して再び上げています。

巨人・別所毅彦投手コーチが「オープン戦で一番成績が良かった者が開幕投手」という方針で、オープン戦で4勝0敗・33回・自責点1防御率0.27、といの一番の成績をあげ開幕投手に指名され、最終的には24勝をあげ新人王に輝いた1962年城之内邦雄の全登板成績を見てみます。続きを読む

1979年山田久志、全登板成績【3年ぶりの20勝到達も、チームはV5ならず】





tabatomoたばともデータ

2016年8月3日に取り上げましたのを加筆して再び上げています。
今回山田投手はここで終了します。

2017年4月28日からオリックスの主催試合で、「KANSAI CLASSIC 2017」と題したイベントが開催されます。このイベントでOBゲストとしていらっしゃる方を取り上げてみたいと思います。

リクエストにお応えします。
個人成績では3年ぶりの20勝到達と最多勝、最高勝率タイトルの獲得で良かったものの、チームはプレーオフで近鉄に敗れリーグ5連覇が潰えてしまった1979年山田久志の全登板成績を見てみます。続きを読む
スポンサードページ
プロフィール
広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ29年になります。本職は、スポーツとはほとんど関係ありません。
2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月に、livedoorに引っ越し。2012年11月に「クラシックSTATS鑑賞」を独立させました。
NPBの名選手を球団別に紹介「キャリアSTATS」を中心に鑑賞し、みなさまと野球選手談義に花を咲かせることを目的にしています。

tabatomo

たばともと申します。NPBの過去の記録を新聞の縮刷版、過去のスポーツ新聞、書籍等から掘り出しています。なかなか他では見られない記録を、多く紹介できたらと思います。

広尾晃、野球の本を上梓しました!



詳細はこちらをお読みください



本家、「野球の記録で話したい」です。
yakyu-2012


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title


常時参照させていただいているサイト
http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/
野球記録関係の本
スポンサーサイト