クラシックSTATS鑑賞

NPB選手のキャリアSTATSを鑑賞するサイトです。「野球の記録で話したい」の姉妹サイトであります。ともどもご愛顧を。

投手

1970~72年太田幸司、全登板成績【アイドルルーキー・コーちゃん登場】




tabatomoたばともデータ

2015年9月25日に取り上げましたのを加筆して再び上げています。

今日2017年4月28日からオリックスの主催試合で、「KANSAI CLASSIC 2017」と題したイベントが開催されます。このイベントでOBゲストとしていらっしゃる方を取り上げてみたいと思います。

甲子園での力投で一躍アイドルとしての人気を得て、ドラフトで近鉄へ入団。入団後も注目度が高かった1970年~1972年太田幸司の全登板成績を見てみます。続きを読む

1954年宅和本司、全登板成績【最多勝、最優秀防御率を獲得した黄金ルーキー】





tabatomoたばともデータ


リクエストにお応えします。
西鉄とデッドヒートを繰り広げた1954年、新人ながら豪速球とキレのある変化球で南海投手陣を支え、チームは優勝を逃したものの、最多勝、最優秀防御率を獲得、新人王にも輝いた1954年宅和本司の全登板成績を見てみます。続きを読む

先発投手の白星がついたのは何試合目?続編





tabatomoたばともデータ


中日が開幕から先発投手に白星がつかないのが19試合連続になりました。(4/23 20試合目で先発に白星がつく)
前回先発投手に白星がついたのは何試合目かを見てみましたが、試合数が多かったチームの先発投手を詳しく見てみました。
参照 日本プロ野球記録
続きを読む

先発投手の白星がついたのは何試合目?





tabatomoたばともデータ


中日が開幕から16試合連続で先発投手に白星がついていません。(4/23 20試合目で先発に白星がつく)
珍しいのかどうか、とりあえず2リーグ分立の1950年から今年まで、先発投手に白星がついたのは何試合目かを各チーム見てみました。
参照 日本プロ野球記録
続きを読む

QS数が1位のチームってどんなチーム? パ・リーグ編




tabatomoたばともデータ

2016年1月7日に取り上げましたのを加筆して再び上げています。

「野球の記録で話したい」ブログ上で
QSが必ずしも勝利に結びつかないことについて

の記事がありましたが、それに乗っかりまして調べられる範囲の1957年~1984年、2007年~2016年に関してQS数が一番多かったチームを、打撃力とどのような関係があるのかを調べてみました。今回はパ・リーグのチームについてです。
続きを読む

QS数が1位のチームってどんなチーム? セ・リーグ編




tabatomoたばともデータ

2016年1月7日に取り上げましたのを加筆して再び上げています。

「野球の記録で話したい」ブログ上で
QSが必ずしも勝利に結びつかないことについて

の記事がありましたが、それに乗っかりまして調べられる範囲の1957年~1984年、2007年~2016年に関してQS数が一番多かったチームを、打撃力とどのような関係があるのかを調べてみました。今回はセ・リーグのチームについてです。
続きを読む

1977年東尾修、全登板成績【20世紀最後の20敗投手】





tabatomoたばともデータ


リクエストにお応えします。
スポンサーがクラウンライターとなって臨んだシーズンだったものの、前期から黒星を重ね後期と合わせて20敗を記録。この記録が20世紀では最後の20敗となった1977年東尾修の全登板成績を見てみます。続きを読む

1976年東尾修、全登板成績【チームはどん底ながら、連続2ケタ勝利】





tabatomoたばともデータ


開幕前レオ・ドローチャー監督就任が幻に終わるなどチームは迷走し最下位に沈むも、個人記録で吉岡悟が首位打者に輝き、古賀正明が新人王を争うなど明るい話題もある中、勝ち星は前年から大幅に減らしたものの、2年連続で2ケタ勝利を記録した1976年東尾修の全登板成績を見てみます。続きを読む

1975年東尾修、全登板成績【初の20勝到達に最終試合で最多勝ゲット】





tabatomoたばともデータ

2016年1月8日に取り上げましたのを加筆して再び上げています。

リクエストにお応えします。
江藤兼任監督のもと、”山賊打線”と呼ばれた打線をバックに、投手陣を引っ張って23勝を上げて最多勝に輝いた1975年東尾修の全登板成績を見てみます。続きを読む

1974年東尾修、全登板成績【連続2ケタ勝利が途切れ、わずか6勝に終わる】




tabatomoたばともデータ


前期チームは優勝争いに絡みながらもこれとは無縁で、後期下位に低迷する中調子を上げてきた1974年東尾修の全登板成績を見てみます。続きを読む
スポンサードページ
プロフィール
広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ29年になります。本職は、スポーツとはほとんど関係ありません。
2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月に、livedoorに引っ越し。2012年11月に「クラシックSTATS鑑賞」を独立させました。
NPBの名選手を球団別に紹介「キャリアSTATS」を中心に鑑賞し、みなさまと野球選手談義に花を咲かせることを目的にしています。

tabatomo

たばともと申します。NPBの過去の記録を新聞の縮刷版、過去のスポーツ新聞、書籍等から掘り出しています。なかなか他では見られない記録を、多く紹介できたらと思います。

広尾晃、野球の本を上梓しました!



詳細はこちらをお読みください



本家、「野球の記録で話したい」です。
yakyu-2012


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title


常時参照させていただいているサイト
http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/
野球記録関係の本
スポンサーサイト