BBM2006 中日ドラゴンズ70周年記念カード フォトカード(250枚) No.DP5 鈴木孝政




tabatomoたばともデータ


1976年のセ・リーグ投手陣のリリーフ投手を少し詳しく見てみます。
注意点
・与球(BHB)は、四球+死球の値です。よって投球回あたり与四球・被安打数合計(WHIP)は与四死球として計算しています。

・Team Totalsの自責点(ER)は、各投手の自責点を合計した値です。
よって公式発表の数字とは異なっていることがあります、ご注意ください。

・防御率(ERA)は、現在の計算式を使っています。
よって公式発表の数字とは、端数イニングの扱い方が異なっています、ご注意ください。

・チーム防御率(ERA)は、Team Totalsの自責点(ER)を使って計算しています。
よって公式発表の数字とは異なっていることがあります、ご注意ください。

・ここで載せている勝ち投手、負け投手は基本的に当時発表されたものを動かさず、それをもとに私がホールドをつけています。

1976年から、だいたい現在のセーブルールに近い形になっています。
ただし、この年から1997年まで「3連続本塁打で同点または逆転の状況時で登板し、1イニング以上の投球」で
セーブが記録される内規がありました。

この場合の状況は
ランナー1人 → 4点リード&1イニング以上の投球
ランナー2人 → 5点リード&1イニング以上の投球
ランナー満塁 → 6点リード&1イニング以上の投球
これらの条件で登板しても、現在ではセーブがつきません。
よってここでは、上記の条件に該当するセーブをもらった投手のセーブ記録から1つ引いて表示しています。

(この年は1例で、中日・鈴木孝政が該当)

先発退避→リリーフについて、試合数では先発に1を加算、他の成績は先発・リリーフそれぞれに加算。
(この年は1例で広島・佐伯和司が該当)
リリーフ退避→リリーフについて、試合数ではリリーフに1を加算、他の成績はリリーフにまとめて加算。
(この年は1例で大洋・山下律夫が該当)

セ・リーグリリーフ投手少し詳細に
1976Se3


登板数順の上位10傑
1976Se3_2


イニング数の上位10傑
1976Se3_3


セーブポイント(現在は廃止、リリーフ勝利+セーブ)数の上位10傑
1976Se3_4


簡易版・先発詳細版はこちらで
簡易版   先発詳細版

同年パ・リーグのリリーフ詳細版はこちらで
1976年のパ・リーグ投手陣 リリーフ詳細版

翌年のセ・リーグリリーフ詳細版はこちらで
1977年リリーフ詳細版

本塁打大全、全登板成績リクエストこちらから
リクエストお待ちしております。

全登板成績・他のシーズン投手成績バックナンバーはこちらで
全登板成績バックナンバー あ~た

全登板成績バックナンバー な~わ

チーム別シーズン投手成績バックナンバー 1955~1969

チーム別シーズン投手成績バックナンバー 1970~1981

本塁打大全バックナンバーはこちらで
これまでのバックナンバー・あ~た|本塁打大全

これまでのバックナンバー・な~わ|本塁打大全

野球に関しての様々なブログをご覧いただけます。



私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せ
ください!



昔の野球に思いを馳せるのもいかがでしょうか?様々な視点で野球の歴史を掘り起こしています。
私も記録で協力しています。

消えた球団 高橋ユニオンズ 1954-1956青春のプロ野球 (野球雲6号)



広尾晃、渾身の一冊、発売中



日本人の心を掴んだ熱き漢たちの物語をインタビューと独自取材で迫っています。





奨学金ブログ更新情報

コメントする

名前
URL
 
  絵文字