tabatomoたばともデータ

2019年10月6日に金田正一氏が亡くなられました。2016年1月13日に取り上げましたのを加筆して上げています。ご冥福をお祈りします。

このコメントは、シーズン最終登板となった9月30日中日戦の5回表に、10年連続20勝がかかっていたあまり”オレを出せ”と言わんばかりの態度をしていたことによるもの。それほど20勝達成がギリギリであった1960年金田正一の全登板成績を見てみます。
数表をじっくりご覧下さい。(セーブは現在のルールで当てはめてつけています)
※ダブル欄の①、②は第一、第二試合で同一カード・先攻・後攻も同じ通常のダブルヘッダー、△1、△2は第一、第二試合で対戦カードが違うまたは、同一カードで先攻・後攻が違うことでの変則ダブルヘッダー。
1960kanedamasa

オールスター戦に入るまでは15勝13敗5Sと20勝達成も目前と思われていたが、好投しても援護の少ない試合が増えて勝ち星をなかなか増やせずに、チーム125戦目にあたる9月29日中日戦で完封勝利して20勝に王手をかけた。
そして翌日の中日戦は2回裏に2点を取って国鉄がリード。5回表に好調なピッチングを続ける先発島谷勇雄がマウンドへ向かうと、リリーフチャンスを狙っていた金田は「ブルペンで投げるのをやめて持ったボールを地面にたたきつけ、ダッグアウトの方へ戻りながら投手板へ行くようなそぶりも数回みせた。(中略)いかにも『オレを出さなければ・・・』といったデモンストレーションめいたゼスチュアは不快の念を与えた。」(毎日新聞より)といった態度を示したが、島谷が先頭打者に三塁打を浴びると交代してマウンドに立ちこのピンチを断ち、その後も1失点に抑えて20勝に到達し、10年連続20勝を達成した。

先評欄の数字ゲームスコアは、セイバーメトリクスでおなじみビル・ジェームズ氏が考案し、先発投手の投球内容をポイント化したものです。
本来は四球のみを計算しますが、四死球合わせて計算しています、ご注意ください。

詳しいルールはこちらで
ゲームスコア ウィキペディアより
ゲームスコア 英語版ウィキペディアより

リリーフ成果について援護・場面欄、勝敗欄に加えてみました。
※従来掲載したものよりも、項目が細かくなっています。
(オールスターにはあてはめていません)

※セーブがつく場面で登板し同点・逆転された場合、勝敗欄にBを加えています。
この場合、前投手の走者がいる場面で登板し、同点・逆転された場合でもBをつけています。・・・援護・場面欄に ”セ他”
(走者を残して降板し、後投手が打たれた場合Bはつけていません)

援護・場面欄には
セ・・・セーブがつく場面での登板(6回以降に交代した場合)
  成功・失敗で、勝敗欄の勝敗と同じ色分けをしています。
ホ・・・5回以前に、ホールドがつく場面で交代した場合
リ・・・セーブ・ホールドがつかない場面での登板(走者なしだと4点以上のリード)
ビ・・・負けている場面での登板
同・・・同点からの登板

同越・・・同点登板で自分の走者を還し勝ち越されたが負けはつかなかった
同前・・・同点登板で登板前の走者を還し勝ち越された

セ跨、ホ跨、同跨・・・交代した回は抑えたが、回を跨いで同点・逆転された
再跨、ビ跨・・・・・・同点 or ビハインド登板で交代回を抑え、チームが勝ち越し続投も、再び同点・逆転された
復跨・・・・・・・・・同点登板で交代時に勝ち越され、再び追いつき回跨ぎもまた勝ち越された。

ホールドがつく場面で登板し、同点・逆転の走者を残し交代した後~
セ残、ホ残、同残・・・後続が抑えて、ホールドがついた
 (回跨ぎをして同様の場合は・・・セ回、ホ回、同回)
セ喪、ホ喪、同喪・・・後続が打たれて、ホールドの権利を喪失した
 (回跨ぎをして同様の場合は・・・セ失、ホ失、同失)

リB・・・セーブ・ホールドがつかない場面での登板から同点・逆転された
 (色付きは自分が打たれて同点、色なしは後続が打たれて同点)
イ喪・・・ホールド・セーブ場面で登板も、イニングが足りず基準を満たさなかった
 (Bがつく状況の場合は該当してもつけません)

不・場面状況が不明

これらを該当する登板に加えています。

勝敗欄の   は勝ち試合   は負け試合   は引き分け試合を表しています。
先評欄での   はHQSを達成、   はQSを達成したことを表しています。
この欄の一番下の数字は合計ではなく、平均を表示しています。

こちらも参照いただければ
1960年のセ・リーグ投手陣
金田正一は誰に本塁打を打たれたか?

金田正一はどのチーム・どこで本塁打を打たれたか?

金田正一の先発、救援投手成績|クラシックSTATS鑑賞

金田正一、全本塁打一覧

金田正一、チーム別&投手別&球場別本塁打&アベック本塁打数


これまで載せた金田正一の年度別成績はこちら
1950   1951   1952   1953   1954   1955   1956   1957   1958

1959   1961   1962   1963   1964   1965・66   1967   1968   1969


全登板成績・他のシーズン投手成績バックナンバーはこちらで
全登板成績バックナンバー あ~た

全登板成績バックナンバー な~わ

チーム別シーズン投手成績バックナンバー 1955~1969

チーム別シーズン投手成績バックナンバー 1970~1983、2007~2010、2015~2019

本塁打大全、全登板成績リクエストこちらから
リクエストお待ちしております。

本塁打大全バックナンバーはこちらで
これまでのバックナンバー・あ~た|本塁打大全

これまでのバックナンバー・な~わ|本塁打大全


私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


発売中です
球数制限 野球の未来が危ない!


夏の高校野球・地方大会でも注目を浴びた投手起用の問題。球数制限という提言から様々な問題を顕在化し、未来への野球の在り方を探る著者渾身の力を込めた一冊




発売中です
野球を裏切らない――負けないエース 斉藤和巳


2000年代パ・リーグを代表するエースとなった男の栄光と苦悩を描いた一冊、私も巻末の全登板成績データで協力いたしました。




発売中です
消えた球団 高橋ユニオンズ1954~1956


野球雲で取り上げた消えた球団シリーズの単行本。今回は、1954年に誕生もわずか3年で消えた高橋ユニオンズを特集、私も記録で協力しています。





発売中です
消えた球団 松竹ロビンス1936~1952


野球雲で取り上げた消えた球団シリーズの単行本。今回は、セ・リーグ最初の優勝チームとなった松竹ロビンスとその前身チームを特集しています。私も記録で協力しています。




発売中です
消えた球団 毎日オリオンズ1950~1957


野球雲で好評だった毎日オリオンズが単行本となって再び登場、2リーグ制初の日本一なった1950年から大映と合併する前の1957年までの8年間を追った一冊、データ面で協力いたしました




発売中です
THE 平成プロ野球 記憶・記録に残る30年


平成の世も終わり、令和となったこの時、平成時代のプロ野球を振り返ってみてはいかがでしょう、記憶の片隅にあるあの出来事もこの一冊で甦ります。




発売中です
長谷川晶一、渾身のノンフィクション!
伊藤智仁の野球人生を克明に描いた悲運のエースの幸福な人生、幸運な男


私も巻末の全登板成績データで協力いたしました。