tabatomoたばともデータ



ちょいとPAPはお休みしまして、
エースとしての貫録も出てきたこの年、先発にリリーフに投げまくって30勝まであと一歩という所で逃してしまったが、最多勝のタイトルを獲得した1967年小川健太郎の全登板成績を見てみます。
数表をじっくりご覧下さい。(セーブは現在のルールで当てはめてつけています)
1967ogawakennta

開幕直後は先発がメインだったものの、西沢道夫監督が病気休養で近藤貞雄代理監督になってからはリリーフメインに。板東英二とのダブルリリーフで順位も休養前の4位から2位へ浮上し、西沢監督が復帰してからもこのダブルリリーフは続いた。オールスター直前くらいからまた先発メインとなり勝ち星を重ねて、8月23日には中日の投手としては4年ぶりとなる20勝を達成。9月3日からは8連勝を記録、30勝までもう少しのところまで迫り惜しくも叶わなかったが、29勝で最多勝を記録、首位巨人相手に6勝2敗1Sと、エースとしての働きは十二分なものであった。


先評欄の数字ゲームスコアは、セイバーメトリクスでおなじみビル・ジェームズ氏が考案し、先発投手の投球内容をポイント化したものです。
本来は四球のみを計算しますが、四死球合わせて計算しています、ご注意ください。

詳しいルールはこちらで
ゲームスコア ウィキペディアより
ゲームスコア 英語版ウィキペディアより

勝敗欄の   は勝ち試合   は負け試合   は引き分け試合を表しています。
先評欄での   はHQSを達成、   はQSを達成したことを表しています。
この欄の一番下の数字は合計ではなく、平均を表示しています。

こちらも参照いただければ
1967年のセ・リーグ投手陣

全登板成績・他のシーズン投手成績バックナンバーはこちらで
全登板成績バックナンバー あ~た

全登板成績バックナンバー な~わ

チーム別シーズン投手成績バックナンバー 1955~1969

チーム別シーズン投手成績バックナンバー 1970~1982

本塁打大全、全登板成績リクエストこちらから
リクエストお待ちしております。

本塁打大全バックナンバーはこちらで
これまでのバックナンバー・あ~た|本塁打大全

これまでのバックナンバー・な~わ|本塁打大全

野球に関しての様々なブログをご覧いただけます。



私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せ
ください!



日本人の心を掴んだ熱き漢たちの物語をインタビューと独自取材で迫っています。



昔の野球に思いを馳せるのもいかがでしょうか?様々な視点で野球の歴史を掘り起こしています。
私も書いております。