tabatomoたばともデータ



「野球の記録で話したい」ブログ上で投手の負け越しランキングも作ったの記事に載っている投手で何名かは全登板成績で見る事ができますので、今日はそこからの成績を。
前年13勝5敗で新人王に輝いたが、一転相手チームに研究され、自身も怪我の影響で本調子でなかった1980年藤沢公也の全登板成績を見てみます。

数表をじっくりご覧下さい。(ホールドは現在のルールで当てはめてつけています)
1980fujisawakimi

開幕投手に選ばれたもののHQSを記録しながら敗戦投手に。この後もQSを記録しながらの敗戦が5試合あり打線との噛み合わせが悪かった。7月からは投球内容も悪化、5回をもたずにKOされる試合も目立ち、8月15日を最後に一軍での登板がなかった。


先評欄の数字ゲームスコアは、セイバーメトリクスでおなじみビル・ジェームズ氏が考案し、先発投手の投球内容をポイント化したものです。
本来は四球のみを計算しますが、四死球合わせて計算しています、ご注意ください。

詳しいルールはこちらで
ゲームスコア ウィキペディアより
ゲームスコア 英語版ウィキペディアより

勝敗欄の   は勝ち試合   は負け試合   は引き分け試合を表しています。
先評欄での   はHQSを達成、   はQSを達成したことを表しています。
この欄の一番下の数字は合計ではなく、平均を表示しています。

こちらも参照いただければ
1980年のセ・リーグ投手陣

全登板成績・他のシーズン投手成績バックナンバーはこちらで
全登板成績バックナンバー あ~た

全登板成績バックナンバー な~わ

チーム別シーズン投手成績バックナンバー 1955~1969

チーム別シーズン投手成績バックナンバー 1970~1981

本塁打大全、全登板成績リクエストこちらから
リクエストお待ちしております。

本塁打大全バックナンバーはこちらで
これまでのバックナンバー・あ~た|本塁打大全

これまでのバックナンバー・な~わ|本塁打大全

野球に関しての様々なブログをご覧いただけます。



私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せ
ください!



日本人の心を掴んだ熱き漢たちの物語をインタビューと独自取材で迫っています。



昔の野球に思いを馳せるのもいかがでしょうか?様々な視点で野球の歴史を掘り起こしています。
私も書いております。