tabatomoたばともデータ


2015年4月16日に取り上げましたのを加筆して再び上げています。

三原大洋で本塁打を打った選手シリーズ
ジム・マクナマスが本名で、1962年大洋に入団。1年目は12本塁打52打点と当初の期待よりは下回ったが、優勝争いにも貢献したJ.マックの本塁打を見てみます。
三原監督からは”ウドの大木”、”扇風機”と評されていた、J.マック全本塁打、数表からご覧下さい。

まずはチーム別成績から
mcmanusTe

広島からの9本が一番多く、阪神、国鉄からは1本と一番少ない。

投手別成績(左から*印はシーズン10勝以上経験者、通算勝利数)
mcmanusPi

広島・竜憲一からの5本が一番多い。
竜からは1963年9月15日対広島戦ダブル第一試合、1回裏大和田明の先頭打者本塁打などで3点を先制されるが、2回表マックのソロ本塁打、3回表箱田淳のソロ本塁打で追い上げる。3回裏小坂佳隆のタイムリー安打で1点追加されるが、4回表桑田武が押し出しの四球で1点、近藤和彦の併殺崩れの間に1点を加え同点に追いついた。その後は大洋2番手森田斌、広島2番手鵜狩道旺との投手戦となり、大洋は9回表一死2塁のピンチに鈴木隆、秋山登と継投し延長戦へ。
延長10回表、2塁にM.クレスを置いてマックが3番手大石清から1,2塁間を破るタイムリー安打を放ち勝ち越し、その裏も秋山が抑え5対4と逆転勝利、その勢いで第二試合もモノにし、3位阪神に1ゲーム差と迫った。

球場別成績
mcmanusSt
※2016/10/29訂正 1962・川崎での本数 2→3、1962・広島での本数 5→4

大洋の本拠地川崎球場での7本が一番多く、広島市民球場での6本が次に続く。

全本塁打一覧はこちらで。
J.マック、全本塁打一覧

本塁打大全、全登板成績リクエストこちらから
リクエストお待ちしております。

バックナンバーはこちらで
これまでのバックナンバー・あ~た|本塁打大全

これまでのバックナンバー・な~わ|本塁打大全

全登板成績バックナンバー あ~た

全登板成績バックナンバー な~わ

チーム別シーズン投手成績バックナンバー 1955~1969

チーム別シーズン投手成績バックナンバー 1970~1979

野球に関しての様々なブログをご覧いただけます。



私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


発売中です
野球雲7号・戦後の流星 毎日オリオンズ 1950~1957パ・リーグを背負った球団の8年


昔の野球に思いを馳せるのもいかがでしょうか?様々な視点で野球の歴史を掘り起こしています。
今回は毎日オリオンズを特集、私も記録で協力しています。




広尾晃、野球界に一石を投じる一冊、発売中



日本人の心を掴んだ熱き漢たちの物語をインタビューと独自取材で迫っています。