tabatomoたばともデータ


後期ライオンズ選手の本塁打もまだまだ見てみます。
1969年のドラフト5位で広島に入団、レギュラー争いに名乗りを上げた矢先に太平洋へトレードされた西沢正次の本塁打を見てみます。
選手を起用しすぎて野手がいなくなった試合で二塁を守ったことがあった、西沢正次全本塁打、数表からご覧下さい。

まずはチーム別成績から
nisizawasyoTe

広島時代に打った中日からの4本が一番多い。

投手別成績(左から*印はシーズン10勝以上経験者、通算勝利数、勝利数の赤字は、100セーブ以上達成者)
nisizawasyoPi

複数本打った投手はいない。
星野仙一からは1973年9月16日対中日戦、1回表一死満塁から大隅正人の一ゴロの間に1点を先制されたが、3回裏西沢が左翼席へ運ぶソロ本塁打で同点。7回裏には二死2塁から代打J.ヒックスが左翼上段への勝ち越し2ラン本塁打、8回裏にも1点を追加し、投げては先発佐伯和司が中日打線を4安打に抑え1回の失点のみでの完投勝利で4対1と中日に逆転勝ちし、このシーズン中日戦の勝ち越しを決めた。

球場別成績
nisizawasyoSt

広島時代の本拠地広島市民球場での5本が一番多い。

全本塁打一覧はこちらで。
西沢正次、全本塁打一覧

本塁打大全リクエストこちらから
本塁打大全リクエスト、まだまだお待ちしております。

バックナンバーはこちらで
これまでのバックナンバー・あ~た

これまでのバックナンバー・な~わ

全登板成績バックナンバー あ~た

全登板成績バックナンバー な~わ

チーム別シーズン投手成績バックナンバー 1955~1969

チーム別シーズン投手成績バックナンバー 1970~1979


私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



広尾晃、3冊目の本が出ました。