tabatomoたばともデータ


宮寺勝利の全本塁打一覧を見てみます。
1967年から73年まで。(一軍出場年の1964~66、69、74年は本塁打なし)
※ダブル欄の①、②は第一、第二試合で同一カード・先攻・後攻も同じ通常のダブルヘッダー、△1、△2は第一、第二試合で対戦カードが違うまたは、同一カードで先攻・後攻が違うことでの変則ダブルヘッダー。
miyaderakatuHR

第一号は東京・成田文男からの2ラン本塁打。この時の試合は、4回表に前田益穂のソロ本塁打で先制を許し、7回表には一死1,3塁で代打児玉禎彦が三振の際、一塁走者の西田孝之が盗塁、捕手の宮寺がこれを見て二塁へ投げるも、とても高い悪送球となり三塁走者前田が生還し1点を追加された。
追う西鉄は8回裏に一死1塁で宮寺が、先発成田のスライダーをすくいあげて左翼への2ラン本塁打で同点。しかし9回表またも宮寺のけん制悪送球などで二死3塁とした後、池辺巌にタイムリー安打を浴び決勝点を許し2対3と宮寺の失策がからんで敗れた。

1971年5月6日対南海戦、1対2とリードされて迎えた8回裏基満男の犠飛で同点に追いついたが、9回表二死から走者を2人置いて広瀬叔功の当たりは二ゴロ、しかしこれを二塁手の基がトンネル、2走者が生還し2点勝ち越された。9回裏完投勝利目前の南海先発村上雅則を攻め、二死2,3塁から代打の宮寺がサヨナラとなる3ラン本塁打。
報知新聞上で宮寺は「打つ方の調子はよかった。だけどぼくは守りがヘタクソなので出番がない。だからバットでその穴うめをしなければ・・・」と語っていた。

チーム別&投手別&球場別本塁打数は、こちらで
宮寺勝利、チーム別&投手別&球場別本塁打数

本塁打大全リクエストこちらから
本塁打大全リクエスト、引き続き募集しております。

バックナンバーはこちらで
これまでのバックナンバー・あ~た

これまでのバックナンバー・な~わ

全登板成績バックナンバー あ~た

全登板成績バックナンバー な~わ

チーム別シーズン投手成績バックナンバー 1955~1969

チーム別シーズン投手成績バックナンバー 1970~1979


私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


広尾晃、3冊目の本が出ました。