tabatomoたばともデータ


山本八郎の全本塁打一覧を見てみます。
1956年から66年まで。(一軍出場年の1967年は本塁打なし)
※ダブル欄の①、②は第一、第二試合で同一カード・先攻・後攻も同じ通常のダブルヘッダー、△1、△2は第一、第二試合で対戦カードが違うまたは、同一カードで先攻・後攻が違うことでの変則ダブルヘッダー。
yamamotohatiHR

第一号は近鉄・武智文雄からプロ入り38打席目での2ラン本塁打。この時の試合は、1回裏近鉄に1点の先制を許すと、5回裏B.ピンカードのソロ本塁打などで3点を追加され、6回裏さらなる集中打で東映先発米川泰夫がKOされ2点を失って勝負あり、東映は7回表山本の2ラン本塁打が飛び出すもその得点のみで武智に完投を許し2対6で敗れ、近鉄に球団初の10連勝目をプレゼントする形になった。

近鉄時代の1963年7月18日対西鉄戦、試合は6回まで西鉄先発畑隆幸、近鉄は先発徳久利明から久保征弘のリレーで0対0と投手戦で迎えた7回裏、二死1,2塁から河合保彦のタイムリー安打で先制、西鉄は1点を守るため投手を田中勉にスイッチし、9回二死まで0にこぎつけ近鉄の敗色が濃厚となったが、J.ブルームが安打で出塁、次の山本が田中の真ん中に入るスライダーを中堅へ運ぶ起死回生の2ラン本塁打となり逆転。その裏を8回から登板の板東里視が抑え、2対1での逆転勝利。
毎日新聞上で山本は「わしはホームラン14本のうち11本が負け試合に打っている。きょうのは当たりも会心だったし、それに逆転勝ちに結びついたのだから会心だらけや」と弾んだ声で話していた、と書かれている。

チーム別&投手別&球場別本塁打数は、こちらで
山本八郎、チーム別&投手別&球場別本塁打数

明日はJ.ラドラの全本塁打を見てみます。

本塁打大全リクエストこちらから
本塁打大全リクエスト、引き続き募集しております。

バックナンバーはこちらで
これまでのバックナンバー・あ~た

これまでのバックナンバー・な~わ

全登板成績バックナンバー あ~た

全登板成績バックナンバー な~わ


私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


広尾晃、3冊目の本が出ました。