tabatomoたばともデータ


”駒澤の暴れん坊”と呼ばれた東映にて、ファイトあふれるプレーで人気を博した山本八郎の本塁打を見てみます。
近鉄へ移籍後もオールスターに3年連続出場した、山本八郎全本塁打、数表からご覧下さい。

まずはチーム別成績から
yamamotohatiTe

南海からの25本が一番多い。

投手別成績(左から*印はシーズン10勝以上経験者、通算勝利数)
yamamotohatiPi

阪急の左右両エース、梶本隆夫、米田哲也から6本ずつ打っている。
米田からは1958年4月20日対阪急戦ダブル第一試合、1回裏二死2塁から山本が米田の初球カーブを左翼へ運ぶ先制の2ラン本塁打。2回裏にも増本一郎の本塁打などでさらに2点を追加、さらに5回裏J.ラドラにも3ラン本塁打が飛び出し優位に試合を進めたが、先発西田亨の疲れから2点差まで追いつかれ、リリーフに牧野伸を立てなんとか7対5で逃げ切り、その勢いで第二試合も勝利し連勝となった。

球場別成績
yamamotohatiSt

近鉄時代の本拠地日生球場での29本が一番多い。東映時代の本拠地駒澤球場でも28本放っている。

全本塁打一覧はこちらで。
山本八郎、全本塁打一覧

本塁打大全リクエストこちらから
本塁打大全リクエスト、まだまだお待ちしております。

バックナンバーはこちらで
これまでのバックナンバー・あ~た

これまでのバックナンバー・な~わ

全登板成績バックナンバー あ~た

全登板成績バックナンバー な~わ


私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



広尾晃、3冊目の本が出ました。