tabatomoたばともデータ


前回取り上げました年から約7年後の1968年、1969年の全登板成績を何回かにわたって、セ・パ6球団から2人ずつ取り上げて見てみます。投球数もつけていますが詳しく確認していませんので、おかしい点がありましたらお知らせください。


4年目のこの年やや勝ち星を落とし、与四球数も相変わらず多かった堀内恒夫の全登板成績を見てみます。
前回の全登板成績から変えた箇所があります。
・QS欄の代わりに、セイバーメトリクスでおなじみビル・ジェームズ氏考案のゲームスコアという指標の欄を設けました。
本来は四球のみを計算しますが、四死球合わせて計算しています、ご注意ください。

詳しいルールはこちらで
ゲームスコア ウィキペディアより
ゲームスコア 英語版ウィキペディアより

またこの欄での   はHQSを達成、   はQSを達成したことを表しています。
この欄の一番下の数字は合計ではなく、平均を表示しています。

・先発した場合には対戦したチームの先発投手を記載しています。

数表をじっくりご覧下さい。(セーブは現在のルールで当てはめてつけています)
1969horiutituneo

前年よりも援護点が少なかった。
前年は6.38の援護率だったが、この年は3.71と援護率が減少してのピッチングであった。

こちらも参照いただければ
1969年のセ・リーグ投手陣

前の年はこちらで
1968年堀内恒夫、全登板成績

本塁打大全リクエストこちらから
本塁打大全リクエスト、まだまだお待ちしております。

本塁打大全バックナンバーはこちらで
これまでのバックナンバー・あ~た

これまでのバックナンバー・な~わ


私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



広尾さんの書かれた本が発売中です。ぜひご覧を!