tabatomoたばともデータ


藤本勝巳の全本塁打一覧を見てみます。
1957年から67年まで。(一軍出場年の1956年は本塁打なし、1956~1957は藤本克巳)
※ダブル欄の①、②は第一、第二試合で同一カード・先攻・後攻も同じ通常のダブルヘッダー、△1、△2は第一、第二試合で対戦カードが違うまたは、同一カードで先攻・後攻が違うことでの変則ダブルヘッダー。
fujimotokatuHR

第一号は中日・伊奈努からプロ入り34打席目でのサヨナラソロ本塁打。この時の試合は、2対2で迎えた6回裏阪神が2点を追加すれば、7回表に中日も2点を返し両チーム2番手投手の投げ合いで最終回を迎え、9回表は阪神小山正明が抑え、9回裏藤本が伊奈から左翼席へと運ぶサヨナラ本塁打、5対4で阪神が接戦をモノにした。

1962年9月23日対巨人戦ダブル第二試合、巨人とのこのシーズン最終戦となった試合、第一試合で完封負けしたのが尾を引いたのか、この試合でも巨人先発伊藤芳明の前に苦戦を強いられる一方、阪神先発の伊奈努も6回まで巨人を0点に抑え、7回表から渡辺省三へとリレーしたが広岡達朗の二塁打などでピンチを迎え、太田紘一、石川緑と慎重にリレーしたが、代打塩原明にタイムリー二塁打を浴び先制を許した。巨人リードのまま迎えた9回裏並木輝男が安打しこれを中堅の国松彰がトンネルして並木は3塁へ。ここで藤本が伊藤の内角球を左ラッキーゾーンへのサヨナラ2ラン本塁打、2対1で巨人を打っ棄り2リーグ後初めての対巨人戦勝ち越しを決めた。

チーム別&投手別&球場別本塁打数は、こちらで
藤本勝巳、チーム別&投手別&球場別本塁打数

本塁打大全リクエストこちらから
本塁打大全リクエスト、引き続き募集しております。

バックナンバーはこちらで
これまでのバックナンバー・あ~た

これまでのバックナンバー・な~わ


私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


広尾さんの書かれた本が発売中です。ぜひご覧を!