tabatomoたばともデータ


近鉄では右のサブ外野手として活躍した、山田勝国の本塁打を見てみます。
現役最終年にはヤクルトに在籍した、山田勝国全本塁打、数表からご覧下さい。

まずはチーム別成績から
yamadakatukuTe

東京・ロッテからの10本が一番多い、東映、南海からの3本が一番少ない。

投手別成績(左から*印はシーズン10勝以上経験者、通算勝利数)
yamadakatukuPi

木樽正明から4本打っているのが一番多い。
木樽からは1971年4月10日対ロッテ戦、1971年の開幕戦となった試合、ロッテベンチにはバット・ボーイとしてアイドルのフォーリーブスが入るなど華やかに始まったが、いきなり1回表一死から山田が左中間へのソロ本塁打で先制、3回表小川亨のタイムリー安打で追加点をあげた。4回裏江藤慎一の犠飛で1点差に迫られたが、6回表にも失策などで2点を追加しリードを広げた。しかしロッテはその裏に1点を返し近鉄先発鈴木啓示にプレッシャーをかけ、7回裏にはG.アルトマンがソロ本塁打でまたしても1点差に迫った。8回裏にも二死満塁で、前の回本塁打を打ったアルトマンに打順が回ったが右飛に抑えてピンチを切り抜け、9回も抑えて4対3と鈴木自身100勝目となる勝ち星を完投勝利で飾り、岩本堯新監督は勝利スタートとなった。

球場別成績
yamadakatukuSt

本拠地日生では、半分に満たない10本を打っている、ビジター球場の割合が大きい。

全本塁打一覧はこちらで。
山田勝国、全本塁打一覧

本塁打大全リクエストこちらから
本塁打大全リクエスト、まだまだお待ちしております。


私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



広尾さんの書かれた本が発売中です。ぜひご覧を!