tabatomoたばともデータ


大和田明の全本塁打一覧を見てみます。

1955年から68年まで。(一軍出場年の1956、57年は本塁打なし、1965年は大和田明良)
※ダブル欄の①、②は第一、第二試合で同一カード・先攻・後攻も同じ通常のダブルヘッダー、△1、△2は第一、第二試合で対戦カードが違うまたは、同一カードで先攻・後攻が違うことでの変則ダブルヘッダー。
oowadaakiraHR

第一号は近鉄・重村武男からプロ入り9打席目での2ラン本塁打。この時の試合は、序盤は両チームとも得点を取りあう均衡した展開だったが、6回表に西鉄が2点を加えるとその後は西鉄打線が爆発し、4本の本塁打を含む11安打11得点で11対2と大勝している。大和田は9回表にダメ押しとなる2ラン本塁打を放った。

1967年5月7日対阪神戦ダブル第二試合、広島先発宮本洋二郎、阪神先発権藤正利でスタート。4回表に連打でピンチを迎えたが次打者遠井吾郎を併殺にとって切り抜けたが、広島も阪神が投手を権藤から若生智男、安部和春と継投していく前に9回までわずか2安打と抑えられ、両チーム得点のないまま延長戦へ。そして10回裏今津光男、久保祥次と連続四球で、代打雑賀幸男がバント失敗の後大和田が初球を左翼スタンドへのサヨナラ3ラン本塁打。3対0と宮本のプロ入り初完封を助けた。

チーム別&投手別&球場別本塁打数は、こちらで
大和田明、チーム別&投手別&球場別本塁打数

明日は広島の渋い左打者の本塁打を見てみます。

本塁打大全リクエストこちらから
本塁打大全リクエスト、引き続き募集しております。


私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


広尾さんの書かれた本が発売中です。ぜひご覧を!