tabatomoたばともデータ


興津立雄の全本塁打一覧を見てみます。
1959年から71年まで。(1959~1962興津達雄)
※ダブル欄の①、②は第一、第二試合で同一カード・先攻・後攻も同じ通常のダブルヘッダー、△1、△2は第一、第二試合で対戦カードが違うまたは、同一カードで先攻・後攻が違うことでの変則ダブルヘッダー。
okitutatuoHR

第一号は大洋・鈴木隆からプロ入り8打席目でのソロ本塁打。この時の試合は、2回裏に興津が先制のソロ本塁打、しかし4回表こちらも新人桑田武のタイムリー三塁打で追いつかれた。6回裏に大和田明のソロ本塁打で勝ち越すとさらに田中尊のタイムリー二塁打で2点を奪い、投げては先発長谷川良平が走者出塁の度に、得意のシュートで併殺に取るうまいピッチングで3対1の完投勝利。興津はこの日3安打猛打賞の活躍であった。

1970年7月9日対中日戦、1回裏にいきなりJ.ミラーのソロ本塁打で先制を許すスタートで、6回まで中日先発星野仙一の前に内野安打1本のみに抑えられてきたが、7回表苑田敏彦、山本浩司、山本一義の3連続安打で満塁とし、ここで興津が星野の投じた外角の甘いカーブを右中間へと運ぶ満塁本塁打。この後も4回途中からリリーフした白石静生が好投し4対1での勝利、3位阪神に0.5ゲーム差とした。

チーム別&投手別&球場別本塁打数は、こちらで
興津立雄、チーム別&投手別&球場別本塁打数

本塁打大全リクエストこちらから
本塁打大全リクエスト、引き続き募集しております。


私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


広尾さんの書かれた本が発売中です。ぜひご覧を!