tabatomoたばともデータ


稲尾和久の全本塁打一覧を見てみます。
1957年から69年まで。(一軍出場年の1956、64、66、67年は本塁打なし)
inaokazuHR

第一号は東映・牧野伸からのソロ本塁打。この時の試合は、5回裏一死で稲尾が左中間スタンドへのソロ本塁打を放って均衡を破り、さらに8回裏ダメ押しの2点を追加し、投げては先発畑隆幸、4回から2番手稲尾で東映打線を4安打に抑え3対0での完封リレーで、チームは10連勝を飾った。

1958年8月5日対南海戦、先発は西鉄が稲尾、南海が黄金新人杉浦で始まり、1回表で早くも多少疲労ぎみの杉浦から中西太、仰木彬のタイムリー安打で2点を先攻。しかしその裏に杉山光平のタイムリー二塁打で1点を返され、2回裏には寺田陽介のソロ本塁打で追いつかれた。5回表に走者を一人置いて稲尾が左翼席に飛び込む2ラン本塁打を放って勝ち越し、8回裏に野村克也のタイムリー二塁打で1点を返されたが、9回表にも1点を追加し5対3で逃げ切り、稲尾は10安打打たれたものの要所を抑えての完投勝利で18勝目をあげた。

チーム別&投手別&球場別本塁打数は、こちらで
稲尾和久、チーム別&投手別&球場別本塁打数

年度別の打撃成績はこちらで
稲尾和久の打撃成績

こちらもどうぞ
先発、救援、二人の稲尾和久

本塁打大全リクエストこちらから
本塁打大全リクエスト、引き続き募集しております。


私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


広尾さんの書かれた本が発売中です。ぜひご覧を!