tabatomoたばともデータ


徳武定之の全本塁打一覧を見てみます。
1961年から69年まで。(一軍出場年の1970年は本塁打なし)
※ダブル欄の①、②は第一、第二試合で同一カード・先攻・後攻も同じ通常のダブルヘッダー、△1、△2は第一、第二試合で対戦カードが違うまたは、同一カードで先攻・後攻が違うことでの変則ダブルヘッダー。
tokutakesaHR

第一号は中日・河村保彦からの2ラン本塁打。この時の試合は、1対1の同点で迎えた3回裏土屋正孝、町田行彦がそれぞれタイムリー安打を放ち勝ち越した後、徳武が駒澤球場の場外へ2ラン本塁打を放ちこの回4点を取り試合を優位に進めた。国鉄先発金田正一は8回表を終わって3失点と苦しいピッチングであったが、8回裏に失策がらみで2点を追加し9回表を0に抑えて、7対3で完投勝利し今季10勝目をあげた。

1966年5月10日対中日戦、4回表に福富邦夫のタイムリー二塁打等で3点を先制、5回裏に広野功、中暁生のタイムリー安打で1点差に追い詰められたが、6回表中日3番手の板東英二から徳武が左翼へのソロ本塁打、8回表にも徳武がまたも板東から左翼へのダメ押しソロ本塁打を放ち、5回途中から登板の2番手村田元一が中日打線をピシャリと抑えて5対2で勝利し、中日先発山中巽が1964年から続いていたサンケイ相手の連勝記録を9で止めた。

チーム別&投手別&球場別本塁打数は、こちらで
徳武定之、チーム別&投手別&球場別本塁打数

本塁打大全リクエストこちらから
本塁打大全リクエスト、引き続き募集しております。


私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


広尾さんの書かれた本が発売中です。ぜひご覧を!