tabatomoたばともデータ


C.バルボンの全本塁打一覧を見てみます。
1955年から65年まで。(一軍出場年の1961、64年は本塁打なし)
※ダブル欄の①、②は第一、第二試合で同一カード・先攻・後攻も同じ通常のダブルヘッダー、△1、△2は第一、第二試合で対戦カードが違うまたは、同一カードで先攻・後攻が違うことでの変則ダブルヘッダー。
barbonHR

第一号は西鉄・島原幸雄からのソロ本塁打。この時の試合は、1回表に早くも中西太に2ラン本塁打が出て劣勢に立たされた阪急だったが、その裏先頭のバルボンが左翼への本塁打で反撃開始。2回裏にもバルボンの死球押し出しで同点。その後5回裏に勝ち越し点をあげるも9回表に仰木彬のタイムリー安打で追いつかれて延長戦かと思われた9回裏二死からバルボンが安打で出塁、二塁へ盗塁の後川合幸三のタイムリー安打でサヨナラ勝ちし、バルボンの活躍が光る一戦となった。

バルボンの本塁打で有名な本塁打といえば1957年7月6日対西鉄戦で稲尾和久から放った1回表の先頭打者本塁打。なにせこの後稲尾に27人完全に抑えられ、バルボンの本塁打がなければ完全試合になっていただけに貴重な本塁打となった。試合は8回裏西鉄が関口清治の押し出しで同点、9回裏高倉照幸のサヨナラ二塁打で1対2で敗れている。

1958年9月14日対東映戦第一試合阪急・梶本隆夫、東映・西田亨両先発投手が好投し、0対0で迎えた6回裏バルボンが左翼へソロ本塁打を放ちこの得点がそのまま決勝点となって東映を下し、首位南海に2ゲーム差と迫った。またこの試合で阪急の9打者がすべて3打数で終わっているという珍記録が生まれている。

チーム別&投手別&球場別本塁打数は、こちらで
C.バルボン、チーム別&投手別&球場別本塁打数

本塁打大全リクエストこちらから
本塁打大全リクエスト、引き続き募集しております。


私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


広尾さんの書かれた本が発売中です。ぜひご覧を!



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。