tabatomoたばともデータ


R.ホワイト&C.ボイヤーおまけにヤクルト時代のJ.ペピトーンの全本塁打一覧を見てみます。
まずはR.ホワイトの全本塁打一覧1980年から82年まで。
RwhiteHR

第一号は大洋・平松政次から追加点となるソロ本塁打。1980年の開幕戦だったこの試合は5回表に王貞治、ホワイトの連続本塁打で2点を先制。
8回裏に追いつかれるも、9回表ホワイトが再び宮本幸信から勝ち越しのソロ本塁打を放つも
その裏江川卓が福嶋久晃にサヨナラ安打を浴び敗れた。

1980年6月12日の対広島戦は、王の850号目が出た試合であるがこの日のホワイトは3本塁打を放ち
2本塁打目は4対5のビハインドで迎えた8回裏、7回裏から登板の江夏豊から同点ソロ本塁打を放ち
延長10回裏には同じく江夏から、この日3本目となるサヨナラソロ本塁打を放っている。

1981年の日本シリーズ第2戦では、日本ハム・間柴茂有から8回表に勝負を決める逆転2ランを放ち、勝利に貢献している。

次はC.ボイヤーの全本塁打一覧1972年から75年まで。
CboyerHR

第一号は中日・星野仙一から勝ち越しとなるソロ本塁打。この試合は打ち合いの乱戦となり
一時は7回表島谷金二の3ランで同点にされるも、その裏ボイヤーのソロで勝ち越し8回裏さらに3点を加え12対8で勝利している。
この日の第一試合で2失策を演じてチームの足をひっぱって敗戦しているだけに、第二試合で借りを返したといえる。

1975年9月14日の対阪神戦では、3対1でリードしている5回表山本和行から追加点となる満塁本塁打を放ち
阪神の連勝を8でストップさせている。

おまけにJ.ペピトーンの全本塁打一覧といっても1本のみ
pepitoneHR

1973年6月28日に広島・外木場義郎からの先制ソロ本塁打1本が日本での最初で最後の本塁打となった。
この試合では3安打の猛打賞で、本人も大喜びの1日となった。

チーム別&投手別&球場別本塁打数は、こちらで
R.ホワイト&C.ボイヤー、チーム別&投手別&球場別本塁打数|本塁打大全

こちらの記事もどうぞ
ロイ・ホワイト|クラシックSTATS鑑賞 巨人062

本塁打大全リクエストこちらから
本塁打大全リクエスト、まだまだお待ちしております。


私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



広尾さんも書かれました「読む野球-9回勝負- NO.2」