当時としては大型の外野手。大学時代はスラッガーとして鳴らした。

【キャリア】

香川県出身。高松中学から中央大学を経て39年名古屋軍に入団。外野手、内野手、投手として活躍。39年応召、43年復員。48年急映、49年大映移籍。52年引退。58年死去。
【タイトル、それに準ずる記録】
投手

Sh-Kato-P


・防御率10傑入り0・OPS.900以上0 ・RC100以上0 規定打席以上0シーズン

打者

Sh-Katou

●本塁打王1  
・打撃10傑入り0・OPS.900以上3 ・RC100以上0 規定打席以上5シーズン

【論評】

1943年といえば太平洋戦争が始まって3年目、ボールは飛ばず、極端な投高打低の時代だった。リーグの平均打率は.196。本塁打は8球団合わせて73本しか出なかった。この年名古屋軍の外野を守った3人が揃って4本で本塁打王を記録している。古川清蔵、加藤正二、岩本章の3人である。この3人でチームの67%、リーグ全体の16%の本塁打を打っている。

加藤は大学時代は大学時代4度の首位打者を取るなどシュアな打撃で知られた。戦前の平均打率.249は、かなりの高打率である。戦後は新興チームに移り、38歳まで現役を続けた。

引退後は母校中央大野球部監督を務めたが、44歳で夭折した。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!





『「記憶」より「記録」に残る男 長嶋茂雄 』上梓しました。







「読む野球-9回勝負- NO.2」私も書いております。





広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。