本来、投手で紹介すべき選手だが、石丸藤吉の弟なので、続けて取りあげたい。特攻隊で戦死した唯一のプロ野球選手である。
Pitch


S-Ishimaru


【キャリア】

佐賀県佐賀市出身。佐賀商業から41年名古屋軍に入団。内野手、投手として活躍。45年応召、戦死。
【タイトル、それに準ずる記録】

野手
・打撃10傑入り0・OPS.900以上0 ・RC100以上0 規定打席以上1シーズン
投手
・防御率10傑入り1・WHIP1.00以下0 ・DIPS2.5以下0 規定投球回数以上2シーズン

【論評】

裏千家の千玄室大宗匠の声を間近にきくことができる仕事についていた時期があるが、ある折、大宗匠(当時は宗室家元)は、「鹿屋にいたときに、西村晃(俳優)と一緒に職業野球の選手もいたのや」というのを聞いたことがある。大宗匠より1歳上の石丸進一のことではないかと思う。千玄室も西村晃も九死に一生を得たが、石丸はここで生涯を終えた。

兄藤吉をしたって名古屋軍に入り、兄が応召した後を受けて二塁を守る。打撃は非力だったが、高校時代はエースとして鳴らしただけに肩は強かった。

兄が復員、復帰すると投手としてマウンドに上がり、若さにまかせた投球で出入りの多い成績を残した。コントロールはほとんどなく、ボールに聞いてくれという投球だったが、球威はあった。当時の名古屋軍はチーム打率が.185(42年).198(43年)と貧打の極みにあり、援護はほとんどなかった。.231の巨人並みの打線援護があれば25勝程度は上げたかもしれない。

学徒出陣で応召し、特攻隊として45年5月11日に戦死。搭乗機が撃墜されたとされている。従兄のノンフィクション作家牛島秀彦の『消えた春』、さらにその映画化作品『人間の翼(監督岡本明久)』によって、石丸進一の名が知られるようになったのは彼の没後51年を経た1996年のことだった。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!





『「記憶」より「記録」に残る男 長嶋茂雄 』上梓しました。







「読む野球-9回勝負- NO.2」私も書いております。





広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。