クラシックSTATS鑑賞の本来の目的である選手紹介を久々に再開する。
たばともさんのデータは今後も適宜紹介するが、並行して掲載する。
また、南海、巨人のベストナインを読者諸氏に考えていただくコーナーも準備中。もう少しお待ちを。
本日から中日(名古屋軍、産業含む)。2010年に旧サイトで掲載したブログをデータ一新してご紹介する。
桝嘉一は、日本にプロ野球が生まれたときには、すでに名選手として知られていた。

Masu


【キャリア】

京都市出身。旧制同志社中学校から同志社高等商業学校、明治大学、安田火災を経て36年名古屋軍の設立に参加。外野手として活躍。37、43年監督兼任。41、42年助監督兼任。44年引退。

【タイトル、それに準ずる記録】

・打撃10傑入り2・OPS.900以上0 ・RC100以上0 規定打席以上8シーズン

【論評】

中学時代はテニス選手だったが、野球に転向。1931年には全日本に選出され、レフティ・グローブから安打を打つなど名外野手として鳴らす。また34年のベーブルースなどMLBオールスターとの日米野球では一番打者として活躍した。プロ野球が始まった時には28歳になっていた。

37、43年監督兼任となったが好成績は上げられず。人材不足は否めなかった。

masu-MNG


当時としては珍しいクラウチングスタイルで打席に立ち、徹底的にボールを見た。通算打率は.234だがOBPは.362。戦前は投手が大量に四球を出した時代ではあったが、安打数(451)と四球(404)がほぼ拮抗するというのは驚異的だ。1938年には打率2位。出塁率は.486に達した。

その後の中日のカラーに通じる職人肌の選手だった。



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!





『「記憶」より「記録」に残る男 長嶋茂雄 』上梓しました。







「読む野球-9回勝負- NO.2」私も書いております。





広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。