tabatomoたばともさんデータ

NPB史上最多安打の張本勲の安打記録を詳細に見よう。
球団別安打数。30安打以上を赤にした

HArimoto-HR-06


強い頃の南海から良く打っているのがこれでもわかる。42安打の62年は東映が優勝、47安打の70年は張本が当時のNPB最高打率.383をマークした年だ。

またヨネカジを擁する阪急からも多くの安打を打っている。

反対に近鉄の安打数が極端に少ない。苦手の左腕鈴木啓示がいたことも関係があろうが、それだけでは説明できない。

セリーグに移籍してからは阪神からよく打っている。

打率で見る 3割をえんじ色、4割以上をグレー地に赤にした

HArimoto-HR-07



張本は対戦した各球団から3割をマークしているが、晩年に少し対戦した日本ハムを除くと近鉄だけが3割を切っている。

近鉄の当時の主戦級は鈴木啓示の前は徳久利明、以後は清俊彦、神部年男、板東里視、佐々木宏一郎、太田幸司。
失礼ながら大した投手はいないのだが。

なぜ近鉄戦が苦手だったのか、本人に聞いてみたい気がする。「喝!」と言われるかもしれないが。

最後にマルチヒットと猛打賞の記録。

HArimoto-HR-08


マルチヒットの歴代記録は未調査。恐らく張本が1位ではないか。シーズン最多は76年、巨人に移籍した年の56回。NPB記録は94年イチローの69回、セ記録は青木の68回だ。
ちなみにイチローは2004年MLBで80回のマルチを記録している。

張本はNPB最多の251回の猛打賞を記録している。最多は72年の22回。NPBのシーズン記録は2010年の27回。

確かに猛打賞は最多だが、張本は固め打ちに頼る打者ではなく、好不調の波が少ない安定感のある打者だったように思われる。


 


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!





『「記憶」より「記録」に残る男 長嶋茂雄 』上梓しました。







「読む野球-9回勝負- NO.2」私も書いております。





広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。