tabatomoたばともさんデータ


謹賀新年。本年もよろしくお願いいたします。クラスタ、今年はしっかり更新してまいります。

たばともさん

明けましておめでとうございます。昨年中クラスタを見ていただいた皆さん、コメントをいただいた皆さん、本当にありがとうございました。これからもいろいろデータを掘り出して紹介できたらと思います。まだまだ掘るのに多大な時間がかかりますが、皆さんから更に応援していただけるように、掘り続けます。本年もよろしくお願いいたします。

たばともさんの先発、救援別の投手成績、63、64年を紹介すれば1955年から76年までがつながる。実は80年までもらっている。
QS(6回以上投げて自責点3以下)だけでなく、HQS(7回以上投げて自責点2以下)も追加してもらった。これも実に面白い。
これをアーカイブとして整備するとともに、データベース的に活用したい。

先発投手だけに限れば、昨今の田中将大の登板と稲尾、杉浦の登板は十分に比較が可能なのだ。今年は、そういう比較もご紹介したい。

巨人とホークスのベスト9もみなさんから募集したい。データはすでに全部アップしている。

そして!クラスタ、中日ドラゴンズも始めたい。

どうしてもクラスタは後回しになるのだが、何とか頑張っていきます。今年もなにとぞごひいきのほど。

1963年のセリーグ投手陣

1963-P-CL


HQSで見ると、投手陣の質がはっきり分かる。巨人は城之内と左腕の伊藤が両エース。この二人はHQSが19ずつ。抜群だ。勝ち星だけなら城之内は14だが、伊藤に匹敵する内容だ。
宮田はすでに抑えのエースになっている。藤田は衰えている。

中日は柿本、山中、河村が二けただが巨人に比べると見劣りする。抑えは河村が掛け持ち。板東英二はあまり重要な場面で投げていない。

阪神は小山が一人奮闘。ほぼ完全に先発に専念している。抑えは渡辺、太田。しかし軸になる投手はいない。



国鉄。金田は20勝を上げたがやや陰りが見える。渋谷も二本柱の活躍。鈴木がリリーフだが、成績は良くない。金田は数は少ないが、救援でも内容は良い。

大洋は救援に回り、稲川が先発の軸。しかし二番手の先発からかなり見劣りする。救援投手としては秋山は一級品だ。稲川は数は少ないが、良い救援をしている。

広島は最下位ながら池田が20勝投手に。先発は大石も174回を投げたが内容的には大きく落ちる。ただ救援投手はよくない。池田以外に見るべき投手がいなかった。



 


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!





『「記憶」より「記録」に残る男 長嶋茂雄 』上梓しました。







「読む野球-9回勝負- NO.2」私も書いております。





広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。