tabatomoたばともさんデータ



西鉄が最後の優勝をした年。顔ぶれもかなり変わっていた。
1963年のパリーグ投手陣

1963-RP-PL



tabatomoたばともさんデータ

今回も1956~1962年と同様にここで載せている勝ち投手、負け投手は基本的に当時発表されたものを動かさずにそれをもとにセーブ・ホールドをつけています。
調査が完全でないもの
・四死球が1多い 近鉄・徳久
・四死球が1少ない 近鉄・山本重

地味な投手が救援陣の上位にいる。先発、救援の分業が一部で進んだのだ。

安部和春は、王貞治と同期。博多高校をでて59年に西鉄に入ったが、前年に1軍デビュー。この年は2シーム系の「アベボール」を駆使して救援で10勝0敗(先発で1敗)。

栗本光明は3年目、キャリアハイの54試合(救援50試合)に登板。この人は今年物故した。
橋詰文男は4年目、毎年40試合前後中継ぎで投げる投手だった。

久保征弘は前年に続いて先発、救援で大活躍した。

石川陽造はこの年大ブレーク。先発でも7勝を挙げた。

稲尾和久はこの年も最多勝を獲得したが、この年が全盛期の最後の年だった。20SPを上げている。この年の西鉄は26の勝ち越しだったが、稲尾と安部で22の勝ち越しをしている。

まさに西鉄が最後の輝きを見せた年だった。



 


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!





『「記憶」より「記録」に残る男 長嶋茂雄 』上梓しました。







「読む野球-9回勝負- NO.2」私も書いております。





広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。