南海のベストをやるべきなのはわかっている。そのあとは中日の選手に入りたいのだが、諸事多用で踏み出せない。たばともさんの在庫も残り少ないし。つなぎと言うわけではないのだが、必要があって最近調べたデータである。

1989年の斎藤雅樹は、6年目、24歳。前年までは救援投手だったが、この年から先発に転向。歴史的な快投を見せた。

masaki-saito-1989-01
 

 

藤田元司新監督の方針で桑田に次ぐ先発2番手に起用された斎藤は、4月は5回先発して2勝を挙げたが、5/7の広島戦で13自責点で降板。今から思えば厳しすぎるが、次回の登板で好投しなければ、ローテーションを外すと通告された。

2日で投げた5/10の大洋戦から斎藤は11連勝、しかもすべて完投。3連続を含む4完封も含まれていた。

7/21の阪神戦で斎藤は自身と岡崎の失策絡みで5点を失い(自責点0)、連勝はストップするが以後も圧倒的な力を見せつけて207ERA1.58という好成績を挙げた。

QSは実に26HQS(7回以上投げ2自責点以下)23だった。

 

球団別に見て行こう

masaki-saito-1989-02
 

 

この年、阪神は首位と30.5ゲーム差の5位と振るわなかったが、斎藤は3試合しか投げていない。4位のヤクルト戦に10試合。ローテの関係もあったのだろうが、ずいぶん登板数に違いがあった。苦手意識の問題もあったのだろうか。

 

斎藤はこの年中45日で投げている。今の投手よりも年間で23試合先発登板数が多いが、今の投手もこのくらいはいけるのではないか、という気がする。
 



四半世紀前の登板だが、実質的にこの数字(登板数、投球回数)も微妙なところで今のNPB先発投手にはアンタッチャブルになりつつあるのだ。

 



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓ 

広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。
 
  Rakuten Widget FROM HERE -->