tabatomoたばともさんデータ

昨日物故した土橋正幸の成績を、たばともさんデータで、先発、救援別に見て行く。

dobasi-03

1年目は自責点のデータなし。
 

当時のエース級投手の常として先発、救援両方で投げている。59年、61年は先発、救援両方で二けた勝利を挙げている。


先発として特筆すべきは70%前後のQS%。安定感は抜群だったのだ。

また、救援でも59年の20SPが光っている。


先発の方がSO/BBがかなり高い。先発では三振を奪いに行き、救援では打たせて取ることを心掛けていたのではないか。

 

尾崎行雄と両エースで並び立った1964年の東映投手陣。

 

dobasi-04


良く似た数字で並んでいるが、すでに下り坂の土橋の方がERAは悪い。救援登板は若い尾崎の方が多く登板している。

1965年になると形勢が変わる。

dobasi-05
 

 

尾崎が大エースとなって、土橋が衰えている。この頃には満身創痍で投げられなくなっていたようだ。

 



二人とも地味なパリーグの強くもない球団のエースだった。しかし球史に残る選手だったのは間違いない。

「球史に残す」とはどういうことなのか、考えるべきだと思うが。

 




私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓ 

広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。