この考察は、巨人のベストナインを選出するために行っているのだが、巨人の場合、データを示すまでもなく決まっていると思われるポジションも多い。
捕手、捕手として500試合以上出場した選手に、戦前の吉原正喜を付け足した。2012年まで。
YG-Catcher-01

故障がちではあるが、阿部は今季1500試合出場を果たした。試合数以外の数字は、来年には巨人歴代捕手の1位になりそうだ。

名捕手の名をほしいままにした森昌彦は、V9の立役者の一人。傑出した捕手ではあったが、打撃も含めた総合評価では阿部に一歩譲るのではないか。

森昌彦は、ON全盛時代にあって中軸を打つこともあった。また藤尾も中軸を打つことはあったが、他の捕手は下位が定位置。
阿部のように常時中軸を打つ捕手は巨人にはこれまでいなかった。



この成績を144試合に換算して比較しよう。打率順。

YG-Catcher-02


阿部が圧倒的に優位なのは変わらないが、吉原が捕手としては俊足で犠打が多く異色であることがわかる。
また、投手のコントロールが悪い時代ではあったが、四球を数多く選んでいるのも目立つところだ。

ベストナイン、私としては阿部を推したいところだがいかがだろうか。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓

広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。