tabatomoたばともさんデータ

戦前、終戦直後の大投手と、戦後派の投手がともに投げ合う、新旧交代時期の野球界である。


1957-CL

巨人は、16年目の別所毅彦がエースだがQSは16、5回を投げて降板することが多かった。このあとを新人の藤田元司がつなぐケースもあった。藤田は救援投手だったのだ。
馬場正平、中村稔の名前もある。中尾碩志は衰えている。

阪神は大崎、渡邉、小山、石川が先発、救援も同じ顔ぶれ。先発は大崎、救援は小山がエース格。2年前のエース、西村一孔は投げられなくなっている。

中日は大投手杉下が救援に回り、中山が先発の柱に。54年のゴールデンルーキー空谷がこれに次ぐ。

国鉄は初の最多勝に輝いた金田が先発、救援で大活躍。ただ、勝ち星の上前もはねている。田所善治郎はこの年がキャリアハイ。

広島は55年の30勝から成績を落としている長谷川良平に代わって、備前喜夫が20勝。キャリアハイだ。阪神から移籍した藤村隆男の顔も見える。この年で引退。



大洋は秋山登が前年に引き続いて大活躍。しかし負け数も非常に多かった。権藤正利は4年目、この投手は73年に阪神で引退するまで長いキャリアを積み重ねることになる。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓