tabatomoたばともさんデータ

パリーグは大投手と無名投手が入り乱れている。
tabatomo

今回も1956年と同様にここで載せている勝ち投手、負け投手は基本的に当時発表されたものを動かさずにそれをもとにセーブ・ホールドをつけていますが、この年は現在と違う勝ち投手を決めるルールがありそのルールとは(宇佐美徹也著、プロ野球記録大鑑より)

①「先発投手が5回投げ、リードの状態で退いても得点可能の走者を残していてリリーフ投手がこのピンチを切り抜け以後も内容が良いと記録員が判断した場合は、そのリリーフ投手に勝ちを与えてもよい」

②「リリーフ投手が同じ回に2人以上出た場合、第1、第2アウトをとった投手がその裏の得点をもらえる」
例:2013年ヤクルト対広島5回戦(神宮)
ヤクルト7番手H大場2/3回、8番手○久古1/3回
ヤクルトが12回裏1点をとりサヨナラ勝ちし、上記は12回表を投げていた投手だが現在では、3アウト目をとった投手(ここでは久古)が裏の得点をもらい勝ち投手だが②のルールでは、勝ち投手は第1、第2アウトをとった大場が勝ち投手になる。

今回①に該当する例はないが、②に該当するのが3例あり以下のように勝ち投手を変更して記録する。

阪神・大崎→○石川、広島・川本→○山田、西鉄・稲尾→○島原

あと調査が完全でないもの
・三振が2多い 大洋・松井
・自責点が1多い 大映・青山
・自責点が1少ない 近鉄・黒田:広島・備前、川本:大映・田中:中日・空谷、石川緑:東映・中野、宮沢

1957-RP-PL

Mark-New 


青山裕治は前年デビューの左腕。2回以上を投げて好成績を残しているが、この年がキャリアハイ。

田中照雄は、近鉄のエース武智文雄の弟。高橋から吸収合併で大映に移籍した。この投手もキャリアハイ。弱いチームで好投しながらも良く負けた。

2年目の稲尾和久は先発でも救援でも抜群の働き。2人分の活躍をしている。


稲尾と同期の長光の活躍は、この年限りだった。

4年目の皆川睦男も、稲尾同様先発、救援両方で活躍した。

パリーグではセよりも31人も多い101人もの救援投手が投げた。その多くは無名のままキャリアを終えている。

なぜかこの年の『サンデー毎日』が出てきたので掲載する。

Sunmi-01


広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓