tabatomoたばともさんデータ

1956年のパリーグ救援投手陣。これも興味深い。
今回の1956年は、奪三振・与四死球・自責点・QSの項目を掲載していません。
ここで載せている勝ち投手、負け投手は基本的に当時発表されたものを動かさずにそれをもとにセーブ・ホールドをつけていますが、この年は現在と違う勝ち投手を決めるルールがありそのルールとは(宇佐美徹也著、プロ野球記録大鑑より)

①「先発で5回投げていなくても、記録員が効果的な投球をしたと認めた場合には、例外としてその投手に勝ちを与えてもよい」
②「リリーフ投手が同じ回に2人以上出た場合、第1、第2アウトをとった投手がその裏の得点をもらえる」
例:2013年ヤクルト対広島5回戦(神宮)
ヤクルト7番手H大場2/3回、8番手○久古1/3回
ヤクルトが12回裏1点をとりサヨナラ勝ちし、上記は12回表を投げていた投手だが現在では、3アウト目をとった投手(ここでは久古)が裏の得点をもらい勝ち投手だが②のルールでは、勝ち投手は第1、第2アウトをとった大場が勝ち投手になる。


今回①に該当する例はないが、②に該当するのが7例あり、以下6例に関しては以下のように勝ち投手を変更して記録する。


巨人・安原→○義原、毎日・中西→○中川、阪急・米田→○梶本、種田→○梶本
高橋・宮崎→○中野、南海・富島→○小畑


あと1例は、変更された投手に現在だとホールドが記録される。

南海・H長光→○戸川


また4例に関してセーブ・ホールドかどうかわからないものがあった。該当選手は
セーブかどうか不明  広島・大田垣、大映・太田
ホールドかどうか不明  国鉄・田代、広島・高橋


あと調査が完全でないもの
広島・大田垣、大洋・秋山の被安打数がそれぞれ1少ない。

1956-RP-PL

Mark-New 

意外や意外、8球団あったこの年のパリーグのセーブ王は、高橋ユニオンズの伊藤四郎だった。長谷川晶一さんはご存じだったろうか?42試合で148回と言うから平均3回を超すロングリリーフで、12セーブ12勝。それだけ先発が頼りなかったのだ。この年の高橋は52勝だから、伊藤は半分近くの勝利に貢献していた。

南海の皆川睦雄は、地味だが最後の30勝投手。この年は救援の方が多かった。杉浦忠はまだ入団していない。

同じ南海の長光告直はこの年がデビュー。わずか5年の現役生活で、この年がキャリアハイ。南海によくいた短命投手の一人だ。


大投手稲尾和久も新人。先発22試合の他、救援でも39試合。まだ19歳でこれだけ投げた。

植村義信はのちに名投手コーチの名をほしいままにするが、この年は最高勝率のタイトルを得ている。

宮沢澄也は、翌年には31歳で引退してしまう。球威はあったが、被安打も多かった。
火の玉投手荒巻淳は、この年はキャリアハイの24勝、こうしてみると救援の星の方が多い。

救援投手のランクを見ると、大投手と無名の投手が入り混じっている。見方を変えると選手の評価も変わるのだ。
広尾晃 野球記録の本、アマゾンでも販売しています。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓