まだまだやれると思われたが、あっさり引退した大型投手。

nagai-P

【キャリア】

兵庫県明石市出身、明石高校からJR東海を経て1997年ダイエーにドラフト1位(逆指名)で入団。投手として活躍。2003年引退。

【タイトル、それに準ずる記録】

防御率10傑入り1・WHIP1.00以下0・DIPS2.5以下0 規定投球回数以上2シーズン

nagai-B

【論評】

Mark-New 

足を上げて一旦静止するように見える、ゆったりしたフォームから、緩急差のある球を投げた。
4シームは最速150km/hは出たのではないか。これに落差のあるフォーク、スライダーがあった。セットポジションで投げていたが、これは制球力をつけるためだろう。

向かっていく強気の投球が売り物だったが、被本塁打が多く、出入りの大きな投球だったように思う。

入団2年目に先発に定着。10勝を挙げた。3年目も規定投球回数に入り、先発陣の一角として活躍すると思われたが、右ひじを痛める。2003年には手術を受けた(トミー・ジョン手術ではなかったようだ)が、復帰することなく引退した。


 
広尾晃 野球の本、上梓しました!店頭にて販売中。アマゾンでも売ってます。



私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓