スリークオーターから動く球を投げた先発投手。


J-Hoshino-P

【キャリア】

新潟県燕市出身、新潟商業、NKKを経て1997年ダイエーにドラフト4位で入団。投手として活躍。2008年引退。ソフトバンクコーチ。

【タイトル、それに準ずる記録】

防御率10傑入り1・WHIP1.00以下0・DIPS2.5以下0 規定投球回数以上1シーズン 

J-Hoshino-B

【論評】

Mark-New 

足を高く上げてリズムを取り、スリークオーターから右打者の内角に切れ込むシュート、スライダーなどを投げる投手だった。
140km/h程度の球速だったが、ボールの出所が分かりづらく、素直な速球もほとんどなく、打ちづらい投手だった。

プロ2年目にはローテーションに定着し10勝を挙げたが、制球がよくなかったために、負け数も多かった。
2001年には13勝を挙げ規定投球回数にも達した。よく安打を打たれたが、走者を出しても落ち着いて後続を断っていた。

しかし、以後は指、肘など故障が続き、斎藤和巳、和田毅らが台頭する中で、出番が減っていった。

投球術の巧みさには定評があった。現在はソフトバンクのフロントにいる。


 
広尾晃 野球の本、上梓しました!店頭にて販売中。アマゾンでも売ってます。



私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓