鷹の新しいエースと言う印象。花のある投手だったが、トップクラスにはならなかった。
wakatabe-P


【キャリア】

神奈川県鎌倉市出身、鎌倉学園高から駒澤大学を経て91年ドラフト1位でダイエー入団。投手として活躍。2003年横浜移籍。2005年引退。

【タイトル、それに準ずる記録】

○最多完投1 ○最多完封1

防御率10傑入り4・WHIP1.00以下0・DIPS2.5以下0 規定投球回数以上6シーズン

オールスター出場1

wakatabe-B

【論評】


Mark-New 

がっちりした体、無理のゆったりとしたフォームから威力のある速球と落差のあるカーブ、スライダー、フォーク。本格派の魅力にあふれた投手だった。 4球団の争奪戦を経てダイエーに入団、1年目からエース格の投球をした。13完投するなどスタミナは十分だったが、制球力が悪く26被本塁打。 以後もパワフルだが、失点の多い投手だった。 95年に故障もあって成績は急落、以後4年間低迷するが、2000年に立ち直り、ローテの一角を占めて安定感のある投球をした。ただし、ベテランになってからも制球はアバウトだった。 横浜にFA移籍してからは鳴かず飛ばずでキャリアを終えた。

広尾晃 野球の本、上梓しました!4/3店頭に並びます。アマゾンで予約受付中。



私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓