tabatomoたばともさんデータ


パリーグも投手の分業が進んでいる球団が多い。

1972-PL-Team


Mark-New 

阪急、山田、足立の新旧サブマリンに米田の先発陣。救援は児玉がエースの活躍。先発救援どちらも好成績を上げている。

近鉄は鈴木がやや不振。佐々木、清、神部も規定投球回数。むしろ救援の方が芝池、板東らの内容が良い。人気先行の太田幸司の使い方に苦慮しているのがわかる。

東映は金田留がエース。森中通晴は、のちの森中千香良。救援では登板数は少ないが法政大学出の山崎武昭が良い働き。尾崎はめっきり衰えた。



ロッテは小山、木樽が衰え、68年組の野村収がローテに入る。野村は救援との掛け持ち。横山小次郎は既報。村田兆治はまだ一本立ちしていない。

西鉄は東尾修に加え、加藤初が台頭。二本柱。この投手を巨人に放出したのは今もって不可解だ。抑えでは田中章が素晴らしい活躍。しかし大きく負け越している。西鉄はこのオフに球団を身売りする。結局、「黒い霧事件」がトリガーとなっている。



広尾晃 野球の本、上梓しました!4/3店頭に並びます。アマゾンで予約受付中。



私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓