tabatomoたばともさんデータ


1966年の球団別投手成績を俯瞰してみよう。チームごとのトータルをたばともさんがつけてくれた。これでわかりやすくなった。
kawamura-1966-total

Mark-New 

巨人は、先発投手陣よりも救援投手陣の方が優秀であることが分かる。宮田は出場機会が減ったが、メリーちゃんこと渡辺秀武、益田、宮本らがいい働き。目立たないが種部の成績は素晴らしい。

中日も救援投手が優位。板東英二はセリーグ一の救援投手だった。ワンポイントでが良い仕事。この左投手は先発ではだめだったが、救援で仕事をした。翌年には故障してしまうが。



阪神は反対に、先発投手が優秀。何といっても村山が抜群の成績だった。救援投手の登板回数を見ていると、救援にもローテがあったのではないかとも思われる。

広島はエースの池田とともに、竜憲一が救援というより「第2の先発」と言いたくなるようなロングリリーフでチームを支えている。

大洋は、先発、救援ともに柱となる投手がいない状態。平松政次は翌年デビューする。

サンケイは打線が弱いために、投手陣の踏ん張りが勝ち星に結びついていない。先発の佐藤進、救援の鈴木皖武ともに良い働きだ。

※中日河村達彦の数字、修正しています。

私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓