tabatomoたばともさんデータ


たばともさんのデータ、今後、年ごとの投手陣の記録を順次ご紹介することにする。どうご紹介するのがベストか、と思ったのだが、先発、救援別に加えて、チーム別でも見た方が良いと思う。貴重な記録なので、やや煩雑になるが、年ごとにその3つの形でご紹介する。

これまでの65年について、チーム別を掲げる。先発救援の分業体制について、いろいろなことが見えてくる。

セリーグ

1965-Pitch-CL

Mark-New

巨人は城之内、宮田と先発救援に二人のエースがいた。ローテは確立していなかった。 中日は小川以下4人が先発だったが、救援投手も入れ代わり立ち代わり先発していた。救援は板東が柱。

大洋は、先発は稲川、高橋、及川、小野。救援は東大出の新治伸治が活躍。秋山登もリリーフになっている。エースが力が落ちると救援に回るのが当時の常識だった。

阪神は先発と救援が比較的はっきり分かれている。村山が大エース。

広島は、竜が救援ながらエースになっている。巨人宮田の陰に隠れているが、救援登板で18勝はすごい記録だ。安仁屋、外木場などは先発、救援を掛け持ちしている。

サンケイは、打線が弱くて先発は投げども投げども勝ち星がつかない状態。救援機が多くなっているが、中心投手は見えない。





私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓