shinichi-Yamauchi-Ph


野村再生工場の「代表作」とされる右腕投手。先発一本で息の長い活躍をした。
shinichi-Yamauchi-P
【キャリア】

島根県大田市出身。邇摩高校、三菱重工三原を経て67年ドラフト2位で巨人入団。73年南海移籍、84年阪神移籍。85年引退。

【タイトル、それに準ずる記録】

○最多完封1

・防御率10傑入り5・WHIP1.00以下0・DIPS2.5以下0 規定投球回数以上10シーズン
オールスター出場6回。

shinichi-Yamauchi-B


【論評】

Mark-New

巨人時代、球威はあるとされながら伸び悩んでいる印象があった。気が弱そうで、メリーちゃんこと渡辺秀武を連想させた。

ポスト長嶋を考えて巨人は富田勝の獲得を考え、山内新一、松原明夫の2投手とトレードをしたのだ。この2人がエース級の投手になったことを考えれば、野村の手腕は大したものだと言わざるを得ない。
野村が山内に迫ったのは、発想の転換だった。力で相手をねじ伏せるのではなく、緩急を利かす投手になる。ウィニングショットは速球からスライダーになった。 巨人時代よりもやや細くなった山内は、感情を表に出さず淡々と投げた。

移籍1年目に20勝、以後も10年間にわたって弱くなっていく南海でローテーションを守った。恩師野村が南海を追われてからも投げ続けた。
82年からは山内和宏、山内孝徳と「山内トリオ」で活躍した。野村が去って弱くなった南海では、売り物の一つとなった。

山内の勲章は、何といってもNPB記録の311試合連続先発ではないだろうか。2位が225の岩隈久志であることを考えても、大記録だと思う。
85年は阪神が優勝した年だが、5月26日の中日戦、山内は池田、福間に続く3番手として登板。1973年以来続いた大記録にひっそりと終止符を打った。

私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓