michio-sato-Ph


恐らくは、日本の本格的なクローザーの草分けの一人。それ以上に場末球団南海の臭いを濃厚に持っていた投手として記憶している。

michio-sato-P

【キャリア】

東京都中野区出身。日大三高、日本大学から1969年ドラフト1位で南海入団。79年大洋移籍、80年引退。 ロッテ、中日、近鉄コーチ。解説者。

【タイトル、それに準ずる記録】

○最優秀防御率2 ○最高勝率1 ○最多セーブ2 ・防御率10傑入り5 ・WHIP1.00以下1 ・DIPS2.5以下0 
規定回数以上7シーズン 新人王、オールスター出場3

michio-sato-B



【論評】

Mark-New

新人の時からふてぶてしい表情。上体が大きい外国人のような体形でマウンドに上がると、グラブをひらひらさせながら威力のある球を投げ込んだ。
この投手を最初から救援で使ったのは、野村克也の慧眼だろう。

豪快そうな外見とは裏腹に緻密な投球ができる投手で、コントロールも良く、走者をなかなか出さなかった。
またスタミナも抜群で、ロングリリーフ、ローテーションの穴埋めもした。

南海在籍の9年間で5度最多登板。しかも規定投球回数に7回到達。戦力が衰えゆく南海にあって、獅子奮迅の活躍をした。

佐藤の成功があったから、江夏の救援転向も可能になったのだと思う。

江夏豊が移籍するとともに先発に回ったが、野村克也が南海を追われた翌年に大洋にトレードされた。

この選手ほど、末期の南海ホークスの臭いを身にまとった存在はいなかった。
当時の南海では、試合前、南海のベンチに結城哲也や坂田利夫など吉本の芸人がやってきていた。
彼らと南海の選手は同じ仲間のような印象があった。その中心には佐藤や、あとから移籍した江本孟紀らがいたと記憶している。
佐藤がアンジェラ浅丘と結婚したこともひとしきり話題になった。アンジェラは仲根かすみの母である現夫人の前の奥さんだ。アンジェラさんはダンサーだったが、芸人仲間にも人気があったのだ。

場末の匂いが漂う大阪球場で、佐藤はまばらに飛ぶ野次を背中に登板し、良い投球を見せた。今、この手の大人の雰囲気を持つ選手はいないと思う。

私どものサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓