突然の訃報には驚いた。悲劇のエースとしてアイドル的な人気を博した投手だった。
shigeru-kobayashi-P1

【キャリア】

鳥取県赤碕町出身。由良育英高からオール大丸を経て71年ドラフト6位で指名され72年に入団。投手として活躍。79年阪神移籍、83年引退。解説者。近鉄、KBOのSK、日本ハムコーチを歴任。2010年死去。

【タイトル、それに準ずる記録】

●最多勝1 ○最多完封2 ○最多完投2 ○最多投球回2

・防御率10傑入り6 ・WHIP1.00以下0 ・DIPS2.5以下0 規定回数以上9シーズン

沢村賞2 最優秀投手1 ベストナイン2 オールスター出場7回

shigeru-kobayashi-B


【論評】

神戸大丸の呉服売り場で、着物姿で接客をしていた。着物姿がよく似合い、小林目当ての得意客が多くいたという。

細身だったが、強靭な体幹の持ち主。同じアンダースローでも、足立充宏や山田久志のようなゆったりとしたフォームではなく、ぎくしゃくとした、ばね仕掛けのようなフォームから鋭い球を投げた。懐を攻める投球だったために死球が多かった。

例の江川騒動の最大の被害者として阪神に移籍。以後もエースとして活躍した。巨人と阪神の両チームでのSTATSは以下の通り。

shigeru-kobayashi-P2

その理知的な語り口でもわかるように、理論派であり指導者として期待された人材だけに早世が惜しまれる。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓