“メリーちゃん”という不思議なニックネームで呼ばれていた。人のよさそうな大柄な投手だった。
hidetake-Watanabe-P



【キャリア】

静岡県富士市出身。富士高から本州製紙、日本軽金属を経て63 年シーズン途中に巨人入団。投手として活躍。73年日拓に移籍。76年大洋移籍。78年ロッテ移籍。79年広島移籍。82年引退。広島スカウト。2007年死去。

【タイトル、それに準ずる記録】

・防御率10傑入り3 ・WHIP1.00以下3 ・DIPS2.5以下0 規定回数以上8シーズン オールスター出場2回 ノーヒットノーラン1回

hidetake-Watanabe-B


【論評】

体が大きく球威がある投手だったが気が弱く、ルーキーから期待されながら成績を残せなかった。そのノミの心臓ぶりでついたあだ名が“メリーちゃん”。少し後の阪急、今井雄太郎に良く似た逸話だ。
サイドスローにした66年に13勝。以後、故障した68年を除き毎年のように二桁勝利を上げる。70年にはアンダースローに転向してノーヒットノーラン・

抜群の投球ではないが安打を打たれにくく、コントロールも良く、計算できる投手だった。ただサイドスロー、アンダースローの投手の特質として、内角をえぐる球を決め球にするために死球が多かった。 現役最終年に当時の最多四球記録の更新を狙って、吉竹春樹に“痛くない死球”をぶつけたのは有名だ。



73年からはジャーニーマンとなり、35歳をすぎてからはセットアッパーとして息の長い野球人生を送った。象のような優しい目をしていた。笑顔が印象的だった。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓