エースのジョーの名はかすかに記憶にある。V9前期を代表するエースだった。
kunio-Jonouchi-P

【キャリア】

千葉県佐原市出身。佐原一高から日本ビールを経て62 年巨人入団。投手として活躍。71年引退。解説者。74年ロッテ復帰。同年引退。ロッテコーチ、スカウトを歴任。

【タイトル、それに準ずる記録】

○最多先発1  ・防御率10傑入り5 ・WHIP1.00以下2 ・DIPS2.5以下0 規定回数以上7シーズン 新人王 オールスター出場4回 ノーヒットノーラン1回



kunio-Jonouchi-B

【論評】

藤田元司と入れ替わりで登場した投手。コントロールが良く、走者を出さない安定感のある投手だった。

スタミナもあり、デビューから6シーズン続けて200回以上登板。ローテーション時代としては立派なエースの活躍をしたが、タイトルやベストナインなどの主要な表彰には全く縁がなかった。

派手なニックネームの割に地味で目立たなかった。エースに似つかわしくない控えめな性格だったために、金田正一の400勝のおぜん立てに利用され、1勝を損している。

その一方で、かたくなな部分もあった。30歳が近くなって球威が衰えたが、投球スタイルの転換に失敗。

登板機会が減り、31歳で引退。本人はまだやれるという思いもあったようで、34歳でロッテに復帰するも同年引退した。
スカウトとしては落合博満を見いだしたことで知られている。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓