新聞の縮刷版を拾って古い記録を掘り起こそうとしている。
1950~60年代はプロよりも大学野球のほうが、詳細な記録が残っている。長嶋茂雄の立教大学時代の記録を紹介する。

⇒長嶋茂雄
無名の佐倉一高からセレクションを経て入学した長嶋だが、遠征先の大宮球場でバックスクリーンに大本塁打を打つなど、一部には知られていた選手だった。

shigeo-nagashima-Rikkyo




大学時代のニックネームは「ちとはあ」。これは「この話は、ちとはあ、面白い」という風に、千葉の訛りが抜けなかったからだ。
山出しの高校生だった長嶋は、2年生でレギュラーとなり、秋には.343で打率3位、ベスト9に選ばれる。
このとき2学年上の先輩大沢昌芳(啓二)も外野でベスト9のとなっている。

当時の東京六大学は、プロ野球よりもマスコミの扱いが大きく、ここでベスト9になるのは、スターダムに躍り出たことを意味していた。この年の12月には六大学選抜の一員に選ばれ、フィリピンのマニラで行われたアジア野球選手権に出場しているが、飛行機に乗り込む長嶋らナインの姿は大きく報道された。ちなみに日本はこの大会を6戦全勝で制している。長嶋は4番で1本塁打。

以後卒業までベスト9に選出され続ける。最終シーズンの1957年秋には、

投手 杉浦  忠(立大4年)
一塁 赤池 彰敏(立大1年)
二塁 高橋 孝夫(立大4年)
三塁 長嶋 茂雄(立大4年)
遊撃 本屋敷錦吾(立大4年)
外野 森   徹(早大4年)
外野 長尾 勝弘(慶大4年)
外野 西崎 若三(立大4年)


と9人の内7人を立教大学が占めている。
長嶋はこのシーズン、リーグ記録の8本塁打を最終戦で打っている。このころから劇的な選手だったのだ。

いわばスポーツ界最大のスターが、巨人に入団したわけだ。斎藤佑樹などとはスケールが違う。

三原脩は、長嶋が巨人に入団して、当時保有していた後楽園の株価が100円弱から倍近くに跳ね上がったと述懐している。株主優待で後楽園に行きたいと考えるファンが買ったからだ。

こういう大物ルーキーはもう現れないだろう。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください! ↓