今にして思うとこの打者はフリースインガーだったのでは、と思える。四球が選び放題だった戦前の職業野球にあって、IsoDが非常に低い。
002-Haruyasu-Nakajima




【キャリア】
長野県出身。旧制松本商業時代に甲子園の優勝投手。早稲田大学、藤倉電線を経て読売巨人軍の草創に参加。44年応召。46年に監督となるも途中辞任し、選手に戻る。2リーグ分裂年の50年に大洋に移籍、51年監督兼任になるも途中辞任、引退。1963年野球殿堂入り。
1987年死去。

【タイトル、それに準ずる記録】
◎三冠王1 ●首位打者2 ●本塁打王2 ●打点王4 ○最多安打3 ○最多二塁打2 
・打撃10傑入り9 ・OPS.900以上1 ・RC100以上0 規定打席以上11シーズン
MVP1 ベストナイン1

【論評】

川上、千葉、藤村らの世代からも10年年長。NPBに辛うじて間にあった選手と言える。試合数が少なく、しかも圧倒的な投手有利の状況下、強打で立ち向かった古豪と言えるだろう。

好球必打タイプ。じっくり待たず、積極的に打って出た。足は遅くはなかった。投手上がりらしく、強肩で鳴らし、ライトゴロを何度も記録している。37年から42年までは間違いなくリーグ最強打者だった。

大洋に移籍したのは41歳になる年だったが、数字を見る限り衰えは見られない。人間関係のごたごたで引退したようだが、選手としては惜しい感じがする。

監督としては見るべきものが少ない。

Haruyasu-Nakajima-MNG


戦争がなく、130試合程度の試合が毎年行われていれば、当然2000本安打に到達したと思われる。
2009年は生誕100年だったが、華々しい催しはなかった。その言動を見ると、アマチュア野球の精神のままでプロ生活を送った人のようだ。

syokuyakyu様

>37年から42年までは間違いなくリーグ最強打者だった。

私の評価は少し違います。固め打ちの名人であったと思います。「ワンバウンドのボールをホームランした」との伝説がある「悪球打ちの名人」ですが、これが波が大きかった原因でしょう。

三冠王となった昭和13年秋季は38試合に出場していますが、前半の19試合が80打数23安打11得点13打点37塁打、本塁打2本、打率2割8分8厘、OPS0.822です。

後半の19試合は75打数33安打19得点25打点60塁打、本塁打8本、打率4割4分0厘、OPS1.30です。

四球だけが前半、後半共に9個ずつであるところはある意味さすがではありますが。

私のリアル記憶は読売新聞でアマチュア野球担当の時です。当時の高校野球選手にどんなボールでもファウルにして四球を選ぶ選手がいました。各種マスコミは高校野球らしい選手として絶賛していました。ところが中島治康だけは読売新聞のコラムで「バッティングとはフェアグラウンドに打つものである。ファウルで逃げるのは邪道である。」と喝破していました。

長いものに巻かれない性格だったのでしょう。当サイトのコメンテーターにも多そうですが(笑)。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!