ポスト“100万ドルの内野陣”の大型内野手。ユーティリティだった。
029-Nobuyasu-Morishita





【キャリア】

福岡県八幡市出身。八幡高校時代に選抜出場。中退して1951年南海土建。52年に南海に入団。内野手として活躍。66年引退。南海、中日、大洋コーチ。兄弟コーチ、監督、解説者。

【タイトル、それに準ずる記録】

●盗塁王
・打撃10傑入り1・OPS.900以上0 ・RC100以上0 規定打席以上6シーズン
ベストナイン2 オールスター出場4

【論評】

58年まで森下正夫。

春の選抜では遊ゴロを悪投して敗退。雨中に泣きじゃくる森下を先輩松永怜一(住友金属監督 殿堂入り)が慰めたという。
この直後に実質的な南海のファーム組織だった南海土建から南海入り。当時としては大柄。内野ならすべて守れたので、レギュラーに定着する。

三塁894試合、二塁460試合、遊撃309試合、捕手を2試合務めている。

プロ入りも経済的な理由だったようで、猛烈な練習でのし上がった。野村克也に通じる部分がある。
アキレス腱を3度も切りながら、レギュラーを維持。鶴岡一人監督と仲が悪かったと言われるが、鶴岡は彼の根性と努力を高く評価していたという記事もある。

ただ喜怒哀楽が激しかったようで、1イニング3盗塁と1試合3盗塁死を記録するなど成績にも波があった。死球王を4度もとっているのもこの選手らしい。

コーチとして長く活躍した。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!