南海の初代エースというべき左腕。戦争の犠牲になった。
01-Yoshikichi-Miyaguchi



【キャリア】

京阪商業から1938年南海入団。投手として活躍。1939年応召、戦没

【タイトル、それに準ずる記録】

・防御率10傑入り1・WHIP1.00以下0 ・DIPS2.5以下0 規定投球回数以上2シーズン

01-Yoshikichi-Miyaguchi-B



【論評】

当時としては長身の左腕投手。威力はあっただろうが、コントロールはなかったようで、三振よりも四球の方が多い。
1938年秋の南海では、勝ち頭だった。39年も登板したが、42年は投手としては出場せず、一塁を守っただけ。応召し、戦没している。没年は不詳。
私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!