クラシックSTATS鑑賞

NPB選手のキャリアSTATSを鑑賞するサイトです。「野球の記録で話したい」の姉妹サイトであります。ともどもご愛顧を。

蓑原 宏|クラシックSTATS鑑賞 南海031

恵まれた資質を期待され、新人からレギュラーに抜擢された外野手。しかし短命に終わった。続きを読む

大橋 勲|クラシックSTATS鑑賞 巨人049

森昌彦のライバル、として野球史上に記憶されている。続きを読む

相羽欣厚|クラシックSTATS鑑賞 巨人048

個人的には短期間だが野村克也の後ろ、南海の5番を張った打者として記憶している。続きを読む

杉山光平|クラシックSTATS鑑賞 南海030

「400フィート打線」の中核を担った強打者。一部に熱狂的なファンがいた。続きを読む

吉田孝司|クラシックSTATS鑑賞 巨人047

V9後半、森昌彦が試合途中で退くと、吉田がマスクをかぶっていた。「控え捕手」の典型というイメージがある。続きを読む

森下整鎮|クラシックSTATS鑑賞 南海029

ポスト“100万ドルの内野陣”の大型内野手。ユーティリティだった。続きを読む

末次民夫|クラシックSTATS鑑賞 巨人046

V9巨人の5番というと、森、柴田などの生え抜き、大洋にいた桑田、西鉄から来た柳田などが思い浮かぶが、やはり末次が一番しっくりくる。続きを読む

島原輝夫|クラシックSTATS鑑賞 南海028

1953年の日本シリーズで名をあげた選手。1年だけの活躍に終わった。続きを読む

土井正三|クラシックSTATS鑑賞 巨人045

黒江らとともにV9のわき役だが、この選手のSTATSを見ていると、才能、資質的にはもっと良い数字をのこしているべき選手だったと思う。続きを読む

岡本伊三美|クラシックSTATS鑑賞 南海027

1950年代を代表する二塁手。巧打でも鳴らした。続きを読む
スポンサードページ
プロフィール
広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ29年になります。本職は、スポーツとはほとんど関係ありません。
2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月に、livedoorに引っ越し。2012年11月に「クラシックSTATS鑑賞」を独立させました。
NPBの名選手を球団別に紹介「キャリアSTATS」を中心に鑑賞し、みなさまと野球選手談義に花を咲かせることを目的にしています。

tabatomo

たばともと申します。NPBの過去の記録を新聞の縮刷版、過去のスポーツ新聞、書籍等から掘り出しています。なかなか他では見られない記録を、多く紹介できたらと思います。

広尾晃、野球の本を上梓しました!



詳細はこちらをお読みください



本家、「野球の記録で話したい」です。
yakyu-2012


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title


常時参照させていただいているサイト
http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/
野球記録関係の本
スポンサーサイト