クラシックSTATS鑑賞

NPB選手のキャリアSTATSを鑑賞するサイトです。「野球の記録で話したい」の姉妹サイトであります。ともどもご愛顧を。

柴田 猛|クラシックSTATS鑑賞 南海052

野村の信頼が厚かった控え捕手。指導者としても活躍した。続きを読む

昭和最後の23年間の巨人野手|クラシックSTATS鑑賞 巨人

ドラフト1年目の66年から昭和最後の88年まで23年間に1試合でも出場した巨人軍野手をポジション別に並べた。 続きを読む

門田博光|クラシックSTATS鑑賞 南海051

小さな体だが、強烈なスイングで長打を連発した。南海最強の左打者であり、NPB最強のDH。続きを読む

呂 明賜|クラシックSTATS鑑賞 巨人071

これほど衝撃的なデビューをした外国人選手は前年、ヤクルトに来たボブ・ホーナーくらいだろう。日本中に旋風を巻き起こし、あっという間に消えた。続きを読む

ジョーンズ|クラシックSTATS鑑賞 南海050

外国人選手というとこの選手を思い出す。舶来扇風機とは、彼から始まったニックネームではなかったか?続きを読む

川相昌弘|クラシックSTATS鑑賞 巨人070

533犠打のNPBレコードホルダー。そして23シーズンという長い現役生活を送った。スモールボールのスペシャリストとして記憶される名選手。続きを読む

藤原 満|クラシックSTATS鑑賞 南海049

南海の三塁手と言えば藤原。個性がはっきりした名選手だった。続きを読む

村田真一|クラシックSTATS鑑賞 巨人069

巨人にノンブランドで捕手として入団するというのは、多くの場合控えに甘んじることを意味している。競争を勝ち抜いた稀有の存在。続きを読む

桜井輝秀|クラシックSTATS鑑賞 南海048

野村南海後期の二塁手。地味な職人肌の内野手だった。続きを読む

ウォーレン・クロマティ|クラシックSTATS鑑賞 巨人068

この外国人打者は、NPBの殿堂入りをする価値があると思う。80年代中期の最強打者の一人だった。続きを読む
スポンサードページ
プロフィール
広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ29年になります。本職は、スポーツとはほとんど関係ありません。
2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月に、livedoorに引っ越し。2012年11月に「クラシックSTATS鑑賞」を独立させました。
NPBの名選手を球団別に紹介「キャリアSTATS」を中心に鑑賞し、みなさまと野球選手談義に花を咲かせることを目的にしています。

tabatomo

たばともと申します。NPBの過去の記録を新聞の縮刷版、過去のスポーツ新聞、書籍等から掘り出しています。なかなか他では見られない記録を、多く紹介できたらと思います。

広尾晃、野球の本を上梓しました!



詳細はこちらをお読みください



本家、「野球の記録で話したい」です。
yakyu-2012


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title


常時参照させていただいているサイト
http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/
野球記録関係の本
スポンサーサイト