クラシックSTATS鑑賞

NPB選手のキャリアSTATSを鑑賞するサイトです。「野球の記録で話したい」の姉妹サイトであります。ともどもご愛顧を。

1966~68年竜隆行、全登板成績【実働5年で退団、プロボウラーへ】





tabatomoたばともデータ

2017年3月15日に竜隆行氏が亡くなられました。ご冥福をお祈りします。

1966年には25試合に登板したが、翌年、翌々年とそれぞれ1試合、4試合と登板数を減らして退団。その後グローバルリーグに参加するも、途中で頓挫した影響を受けやっとの思いで帰国。そしてプロボウラーへと転向し成功を収めた1966~68年竜隆行の全登板成績を見てみます。続きを読む

1964・65年竜隆行、全登板成績【当時のオリオンズ唯一の一軍左腕投手】





tabatomoたばともデータ

2017年3月15日に竜隆行氏が亡くなられました。ご冥福をお祈りします。

プロ野球選手よりもプロボウラーとして記憶されている方も多いと思います。プロ野球選手時代は、東京オリオンズで貴重な左腕投手として起用され、この2年間でも39試合に登板した1964・65年竜隆行の全登板成績を見てみます。続きを読む

夢の裏バットマンレースも開催します





tabatomoたばともデータ

※6/20 64試合終了時点まで更新 オリックスの試合進行に合わせて更新しています

現時点(5月末)で規定打席を超えている中で3人の打者が打率が1割台となっています。
そこで過去の低打率の選手との比較をしてみます。3人のほかに8選手を独断で選び、試合進行の遅いチームに合わせて、打率の推移を見たいと思います。

今回選んだ選手は2017年では巨人・小林誠司、阪神・梅野隆太郎、オリックス・安達了一の他、年代が古い順から
1954年洋松・宮崎剛、1957年中日・杉山悟、1959年東映・安藤順三、1962年阪神・鎌田実、1968年南海・小池兼司
1971年阪神・辻恭彦、1972年中日・バート S.、1982年巨人・山倉和博、1986年広島・衣笠祥雄
以上12名新旧入り乱れての裏バットマンレースをお楽しみ下さい。

※規定打席は試合数×3.1、端数は四捨五入です。続きを読む

1976年松本幸行、全登板成績【5年連続2ケタ勝利を達成】





tabatomoたばともデータ


リクエストにお応えします。
この年も主力投手として42試合に登板、チームは6年ぶりのBクラスともう一つだったものの、チーム最多の15勝を上げた1976年松本幸行の全登板成績を見てみます。続きを読む

近藤健介 vs 23人の張本勲 |バットマンレース・スピンオフ





tabatomoたばともデータ

※6/19 64試合終了時点まで更新

まだまだ4割を維持しています(6月3日現在)日本ハム・近藤健介ですが、球団記録だった1973年・張本勲による4割台の最終試合46試合目を更新した事が話題になっていました。
そこで今回は張本勲23年間の打率推移と近藤健介の打率推移を、今年の日本ハムの試合進行と同時に見ていきます。

※規定打席は試合数×3.1、端数は四捨五入です。(規定打席外の判断に一部間違いがあるかもしれません)続きを読む

夢のバットマンレース開催します





tabatomoたばともデータ

※6/19 64試合終了時点まで更新

日本ハム・近藤健介が現時点で打率が4割を超えています。
そこで過去の高打率の選手との比較をしてみます。近藤のほかに11選手を独断で選び、近藤の在籍する日本ハムが試合を消化するのと同時進行で、打率の推移を見たいと思います。

今回選んだ選手は年代が古い順から
1950年阪神・藤村富美男、1964年南海・広瀬叔功、1970年東映・張本勲、1980年中日・谷沢健一、1985年ロッテ・落合博満
1986年阪神・R.バース、1989年巨人・W.クロマティ、1994年オリックス・イチロー、1999年横浜・R.ローズ、2008年横浜・内川聖一、2015年ソフトバンク・柳田悠岐

以上12名新旧入り乱れてのバットマンレースをお楽しみ下さい。

※規定打席は試合数×3.1、端数は四捨五入です。

続きを読む

続・ロッテはどのくらい打てないの?







tabatomoたばともデータ


前回1957年大映ユニオンズと2017年千葉ロッテマリーンズの打率を比較しましたが、今回同じような低打率チームを3チーム加えて、項目を絞って見てみます。
※6/19 66試合終了時点まで更新続きを読む

2000年河野昌人、全登板成績【チーム最多の9セーブ】





tabatomoたばともデータ


2017年6月16日に河野昌人氏が亡くなられました。ご冥福をお祈りします。
65勝ながら5位となったチームで46試合に登板、チーム最多の9セーブ、13セーブポイントを記録した2000年河野昌人の全登板成績を見てみます。続きを読む

衣笠祥雄、チーム別&球場別本塁打数|本塁打大全





tabatomoたばともデータ


リクエストにお応えします。
衣笠祥雄のチーム別と球場別の本塁打を見てみます。続きを読む

衣笠祥雄、投手別本塁打数|本塁打大全





tabatomoたばともデータ


リクエストにお応えします。
衣笠祥雄の投手別本塁打を見てみます。続きを読む
スポンサードページ
プロフィール
広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ29年になります。本職は、スポーツとはほとんど関係ありません。
2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月に、livedoorに引っ越し。2012年11月に「クラシックSTATS鑑賞」を独立させました。
NPBの名選手を球団別に紹介「キャリアSTATS」を中心に鑑賞し、みなさまと野球選手談義に花を咲かせることを目的にしています。

tabatomo

たばともと申します。NPBの過去の記録を新聞の縮刷版、過去のスポーツ新聞、書籍等から掘り出しています。なかなか他では見られない記録を、多く紹介できたらと思います。

広尾晃、野球の本を上梓しました!



詳細はこちらをお読みください



本家、「野球の記録で話したい」です。
yakyu-2012


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title


常時参照させていただいているサイト
http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/
野球記録関係の本
スポンサーサイト